卯月の書

いよいよ緑が生い茂り、花が咲き始めます。桜前線の北上と共に、

春の喜びを謳歌するときが参りました。
卯月の名は「卯の花」空木の花が咲く月とする説もあります。