如月の書

「如」は従うの意味があり、一つが動き出すと

徐々に次々と動き出し、自然や草木、動物など、春に向かって
動き出す月ということで「如」をあてたと言われております。