弥生の書

弥生は草木がいよいよ生い茂ることから「くさきいやおいづき」

が縮まり「弥生」となったといわれており、花も咲きはじめ、
春たけなわの時候をいいます。