2006年9月アーカイブ

私は現在毎週20通ほどのメルマガを読んでいます。
そこから色んな情報を取ります。
しかしだんだんとつまらなくなってくるものがあったり
ますます情報に精度が増してくるものがあったり
感動するメルマガがあったり、様々です。
その中で今日、「これだ」と思うメルマガを
皆様にご紹介させていただきたいと思います。

それは、手前味噌で大変恐縮ですが
アチーブメント株式会社大阪支社の阿部光志さんが書いている
【アチ阿部】メールというメルマガです。

阿部さんはアチーブメントに入ったのが99年の2月。ちょうど今から7年前です。
現在41才。大阪支社勤務のシニアコンサルタントです。
彼は3Aと言っているのですが、アルクという会社を経て
アクサ生命、そして現在はアチーブメント株式会社で勤務しています。
以前の会社でも彼はトップ営業マンの実績を作ってきました。
特にアクサ生命のときは月間全国ナンバーワンになっています。
現在アチーブメントではコンサルタントの傍ら、
成功する計画の立て方・実行の仕方セミナー、
セールス学校のトレーナーも担当しています。

先日久しぶりに飲んだ。場所は蒲田の「天下鳥」という焼き鳥屋さんである。一緒に飲んだのは、現在アチーブメントが管理職研修をさせていただいている、大手IT関連企業の3名の部長さんたちだ。この部長さんたちは1年ほど前に私の研修を受講してくださった。そして「ぜひ一緒に飲みましょう」と声をかけていただいていたのだが、なかなか私のスケジュールが取れず、ずっと延び延びになっていた。そして先日、ようやく実現したというわけである。
お互いに再会を祝い、そして杯を交わした。話は様々な話に及んだ。仕事のこと、家庭のこと、趣味のこと、あるいは健康のことなどなど。声を出して腹から笑い、そしておいしい焼き鳥を食べ、そしてビールを飲み、なんという楽しい時間だったろうか。私もあれほど笑ったのは久しぶりだった。

昨年、2005年9月14日はわたしにとって忘れられない日です。

その日わたしは船橋のクロスウェーブという施設で
大手製薬会社の管理職研修をリードしていました。
研修は2日間で前日13日が9時から21時まで
2日目の14日が9時から17時までという日程でした。
12時~13時までが昼食で、昼食が終わって13時から午後のセッションが行なわれました。
その頃から下腹部に痛みが走り、どうも調子がおかしいのです
受講生とやり取りをしながら研修を進めていきましたが、
14時くらいになると激痛が断続的に起こってきます。
おかしい。こんなことはもちろん初めてでした。
食中毒かと思い何回かトイレに駆け込んだのですが
受講生と同じものを食べていて、私だけが食中毒ということはありえません。

アチーブメント社の唯一の女性トレーナーは吉野真由美さんです。
彼女は現在ご自分でも会社を経営しながら
アチーブメント社の専任契約トレーナーとして活躍しています。
彼女はもともと英語教材の販売会社に入社して、
入社3ヵ月後にはその会社のトップセールスになりました。
しかもお子さんを妊娠、出産そして産休復帰しながら、
セールスコンテストでは常にトップを占め、その後営業部門の最高タイトルを獲得し、
自分の営業組織においてなんと年商20億を達成した人です。

彼女の得意分野は電話営業、そしてテレマーケティング、
すなわち具体的なセールストークです。
彼女のセールストークはまさに驚異としか言いようがありません。
きわめて具体的、きわめて実践的、そしてきわめて発想の転換に満ち満ちています。
彼女には現在営業スキルアップ実践講座という公開セミナーの講師をお願いしています。
毎回研修は大好評で、研修に出た方からは、

今までより何倍も沢山アポを取れるようになりました
電話が怖くなくなりました
見込み客の方にしっかりアポが取れるようになりました
アポから契約までのクロージングアップ率が大幅にアップするようになりました

などなど賞賛の声をいただいています。

2006年9月11日 21:49 区切りを大切に

9月はアチーブメントにとっては期末です。
アチーブメントの会計年度は10月からはじまって9月に終わります。
したがって9月は最終月ということになります。
以前からそうですが、私は期末の1、2ヶ月前になると緊張感が高まってきます。
いつもそうでした。
今もそうです。
期末だからといって特別なことはないのに、
自分の中で緊張感が高まってくるのです。

やり残していることはないだろうか
もっとできることはないか
問題を先送りしていることはないか
未解決の案件はないか 
さらに、最終的に達成率は何パーセントになるか 
などなど気になって仕方ありません。

区切りを重視することは目標達成をする上で不可欠です。
ワタミフードの渡邉美樹社長も言っています
「夢に期限をつけよ」と。

私達は区切りを大切にして生活しています。期末、お正月、年末、月末。
区切りを付けるということは、その期間までの自分自身を、
あるいは自社を見つめなおしてみる良い機会です。
アチーブメントは今期19期。
そして10月からはいよいよ20期に入ります。
人間でいうと、10代が終わり、いよいよ20歳ということで成人になります。
10代の間でやり残したことはないだろうか
もっとできることはないか

10代最後の月。ベストを尽くしたい。
そして最高の結果を作り、20歳、成人を迎えたいと思っています。

私は今、大阪でダイナミックコース3日目をリードしています。
今回大阪支社が開設されて第1回目に行なわれるダイナミックコースです。
アチーブメント大阪支社は8月17日に開設されました。
そして今回がこの支社で行なわれる第1回目のダイナミックコースというわけです。

これまで、研修は大阪の様々なホテルを使って行なっており、
お客様には時にはご不便をおかけしていました。
が、いよいよ大阪支社ができ、支社の研修室で研修を定期的に行なえるようになりました。
第1回目の参加者は42名。アシスタントの皆様は11名。
大阪支社での第1回目のダイナミックコースということで皆さん大いに張り切っています。
受講生も前向きで素晴らしいです。
もっともっと成長しようという意気込みで研修に参加してくださっています。

私はダイナミックコースで、
青木社長がスタンダードコースで皆様にお伝えしているメッセージを
体験を通してお伝えしています。
特に重要なメッセージとしてお伝えしているのは、決めることの重要さです。

2006年9月 7日 15:57 管理職研修で感じたこと

毎週毎週様々な会社で管理職研修をさせていただきながら
つくづく感じることがあります。
それは女性の管理職が極めて少ないということです。
入社するときは、どこの会社も女性を沢山採用しているはずです。
会社によっては女性の方を沢山採用することもあります。
新入社員研修をさせていただいても、女性が大変多いのです。
しかしながら管理職研修をさせていただくと、女性はきわめて少なくなります。

昨日今日と私はヨーグルトの製造では世界ナンバーワンの日本支社で
管理職研修をさせていただきましたが、36人中女性は1人です。
先日はセキュリティの会社で研修をさせていただきました。
社員500名ほどの会社ですが、研修に参加した管理職30人中女性は1人。
さらにその前には大手の製薬会社で研修をさせていただきましたが、
課長向け研修で参加者20人中女性は1人でした。

男女雇用機会均等法が施工されてから20年経ち、
女性の活躍が目覚しく男女の差は様々な分野でなくなってきているのに
なぜこれほど女性の管理職が少ないのでしょうか。

2006年9月 6日 19:38 ひとつのことを極める

女優の森光子さんが主演する舞台、『放浪記』が
4日丸の内の帝国劇場で行なわれました。
この日で講演回数が通算1800回を迎えたそうです。
森光子さんは61年の初演以来、主人公の林芙美子役を演じ続け、
一つの作品の主演記録を更新中です。
61年が初演なので、47年間演じ続けてきたことになります。
森光子さんは現在86歳です。
86歳の今もなお放浪記を演じ続けているのです。

継続は力というが、そんな生易しいものではないでしょう。
ひとつのことを47年間もやり続け、しかも今もなお多くの観客を魅了する。
その彼女の魅力には頭が下がる思いです。

人はなかなかひとつのことをやり続けようとはしません。
ある程度できるようになってしまうと別のことに手を出し、
またある程度できるようになってしまうと、また別のことに手を出そうとします。

2006年9月 4日 20:05 人生におけるバランス

9月2日、約1年ぶりにゴルフを堪能しました。
コースは群馬県の吉井カントリー。晴天の一日でした。
もともと私はゴルフが大好きで、1ヶ月に7回か8回ゴルフをしていましたが
ここ最近は全くしていませんでした。

今回、約1年ぶりです。
メンバーは8名。
私は以前『創経塾』という経営者塾を主催していました。
月1回の勉強会で年12回で卒業という経営塾です。
理念の作り方、計画の立て方、決算書や貸借対対照表の読み方、
会社の問題の掘り起こしと深堀り、経営者として、して良いこと悪いこと・・・などを
1年間に渡り勉強していました。

その中でゴルフの好きな人が集まって、『凡事会』という会を作り
年4回ほど一泊してゴルフをやるという会があったのです。
私を中心とした経営者の集まりですが、
私は長い間3年ほどこの『凡事会』を開いていませんでした。
今回ある経営者の方から「ぜひやりましょう」という声をいただいて
3年ぶりに開催したというわけです。
久々に昔の感覚が戻ってきて、実に楽しい1日でした。
スコアはあまり良くなかったものの、旧友と親交を深めることができました。

コメント