2007年6月アーカイブ

2007年6月29日 18:50 ついに初お目見え!

私は現在、大阪でアドバンスコースの3日目をリードしています。
参加者は大変前向きに取り組んでくれており、感動、感動の研修です。

つい先ほど、大阪支社に
私の新刊『殻をやぶれば生まれ変われるかもしれない』が届きました。

200706291548000.jpg

私も1冊の本になってからは、初めてお目にかかりました!

2007年6月27日 19:28 私の頑張る理由

私は今、アチーブメントの大阪支社にいます。

200706271509000.jpg

今週は、
26日(月)はA社の新入社員研修、
夜はアチーブメントで『成果を生み出す成功法則』の講演
27日(火)は、B社の管理職研修、その日の夜、大阪に移動して、
今日から3日間大阪支社でダイナミックアドバンスコース
30日(土)は、大阪で10時から『夢のかなえ方セミナー』で講演し、
13時からは青木社長との対談です!(皆さん、お楽しみにo(^▽^)o)
その足で東京にとんぼ帰りして、19時からは
ワークショップ『殻を破れば生まれ変われるかもしれない』のトレーナー。

毎日色々な場所で講演をさせていただいています。
多くの人にお会いし、メッセージしています。

私の頑張る理由は、次の3つです。

2007年6月25日 12:53 頼もしいパートナー

今日は、渚知子さんを紹介します。
彼女は、トレーニング部でコースディレクターをしています。
特に私の東京開催におけるダイナミックコースダイナミックアドバンスコース
担当ディレクターでもあり、
JPSA(日本プロスピーカー協会)事務局の担当者でもあります。

200706160827000.jpg

私は色んなところで研修をしていますが、研修を成功させるには
様々な要素が必要です。

まず、良い内容
良い参加者
良いトレーナー
そして、良いスタッフ。

それらが全てかみ合って、初めて良い研修ができます。
渚さんはまさに、素晴らしいスタッフです。

6月末に、私の1年ぶりの新刊『殻を破れば生まれ変われるかもしれない』
という本が出版されます。

200706202117000.jpg

「こんな本をずっと書きたい」と思っていた長年の夢が
とうとう実現しました・・・!
現在、担当している新・『頂点への道』の研修シリーズの
ダイナミックコース、ダイナミックアドバンスコースの内容を
ごく一部ですが、エッセンスとしてこの1冊に凝縮しました。

本の出版に合わせて、東京、大阪、福岡、そして札幌でワークショップを開催します。

内容としては・・・

アメリカの国際コーチ連盟(ICF)から「マスター認定コーチ」の証書と、
お知らせが届いた。
先日「プロフェッショナル認定コーチ」更新のお知らせが届いたばかりだっただけに、
とても嬉しかった!!(^O^)

200706181836000.jpg

現在日本でコーチングを学んでいる人は4千名を超えるが、
プロフェッショナル認定コーチは33人、マスター認定コーチは14人しかいないという。
つまり、私はトップ0.35パーセントに入ったという計算になる。
・・・細かすぎてなかなか実感が湧かないが、大変ありがたいことだ(*^.^*)
これからも、プロのコーチとして、トレーナーとして、
人々の目標達成及び、人間関係の向上に貢献していきたいと思っている。

2007年6月18日 17:45 父の日の嬉しいプレゼント

昨日は父の日だった。

長女からプレゼントをもらった o(^▽^)o
長女の優は、昨年まで慈恵会医科大学医学部看護学科の2年生だった。
しかし昨年の11月、いきなり娘から
「大学をやめて、アメリカの大学に留学したい」と言ってきた。

私たち夫婦は驚いた。
優によると、
「看護師の仕事も素晴らしいが、やっぱり自分のやりたいことをしたい。
アメリカの大学に行って、国際的に活躍できる人になりたい」
というのである。

私は何度か娘に説得を試みたが、頑として聞かない。
娘は私と似て、一度こうだと決めたらなかなか動かない性格だ。
とうとう大学をやめ、今は来年の1月にアメリカの大学に留学するための
準備をしている最中だ。
語学学校に通い、少しでも資金を集めようとアルバイトに精を出している。
そんな娘から、父の日のお祝いをもらった。
アルバイトをして稼いだお金で買ってくれたポロシャツ。

200706171830000.jpg

2007年6月15日 14:51 働く女性の鏡

200706131236000.jpg
私はメルク株式会社で研修をもう足掛け6、7年に渡って行わせていただいている。
ここの人事グループ主事の砂岡典子さんは働く女性の鏡だと思う。

彼女は結婚して5年になる。お子さんは3歳の男の子が一人。
ご主人はオリンピックのウエイトリフティングの元選手で、大きな冷蔵庫でも軽々と運ぶそうだ。
彼女はそのご主人の実家に嫁いでいる。ご主人の実家は農家である。
そこから目黒にあるメルクの本社に通勤しているが、片道2時間の新幹線通勤である。

しかし、彼女は人生をいつも楽しんでいる。
現在ダンス歴7年、エアロビクス歴15年だそうだ。
先週は友人と韓国旅行に行ってきて、散財してきたと言っていた。
仕事を頑張りながら子どもを育て、お舅さんとも素晴らしい関係をつくっている。
まさに仕事と家庭の両立を実現している。

200706131238000.jpg
彼女はいつもにこにこしていて、怒った姿を見たことがない。
実際会社での普段も同様だそうで、周りと素晴らしい人間関係をつくり、上司との関係も抜群だ。
彼女は実はこっそりよく怒っていると言うが、
私は彼女の怒っている顔を見たことがないし、あまり想像できない。

彼女に聞いてみた。
「よい人間関係をつくるコツはなんですか?」と。
彼女はこう答えてくれた。
「それはさりげない思いやりと、最大限に他人を尊重することです。」
まさに人間関係をつくる極意だ。
だから彼女は家庭でも職場でも多くの人にサポートされ、
順風満帆な人生を送っているのだろう。

2007年6月13日 21:25 朝日生命で講演!

先日、朝日生命で約3時間半の講演をさせていただいた。

朝日生命さんでは、毎年定期的に講演させていただいているが
今回は支社代表選抜組織長の皆さん56名である。
全国各支社から派遣されてきた、選りすぐりの方々だ。
56名中54名は女性である。

朝日生命という会社の名前を知らない人はいないと思う。
「契約者に対する責任」「社会に対する責任」「従業員に対する責任」を
経営の3大責任とし、契約者ならびに社会のために真心で奉仕を行なうことを
理念としている会社だ。
商品としては、介護と医療の「保険王」が有名だ。
明治21年の3月1日に創業され、現在職員数3800名、営業職員14000名を数える。


朝日生命講演①.jpg

私の最新刊『殻を破れば生まれ変われるかもしれない』の最終校正が終わった。
時計を見たら、午前3時を回っていた。
その後、あとがきを記入し、何度も何度も原稿を読み返した。

『殻を破れば生まれ変われるかもしれない』原稿.jpg

2007年6月 8日 22:28 大阪支社・山田くん歓迎会

ダイナミックコース1日目が終了したあと、
大阪支社のスタッフ全員が梅澤支社長の家に集まって
4月に入社した山田祥平くんの歓迎会が行われた。
今年、アチーブメントは19名の新入社員が入社し、
その中で山田くんだけが大阪支社の配属になった。

入社してまだ2ヶ月半。
大阪支社スタッフから日々「結果を作ってね!」と喝を入れられ、
彼も、「頑張ります!成果を創ります」とコミットしている。これからが楽しみだ。
皆が忙しく、彼の歓迎会がまだ行われてなかったので、
今回私が大阪に来る日に合わせて開催することとなった。

山田祥平くん歓迎会.jpg

6月5、6日の2日間、千葉県の成田ビューホテルで
メルク株式会社の中堅社員研修を行なった。
私はHRDという会社を通して、足掛け6年に渡って
メルク株式会社の研修をさせていただいている。今回はコーチング研修だった。

メルク株式会社は、医薬品・化学品の分野で世界的展開を図っている、
ドイツに本社があるメルク社の子会社として1968年に日本に創立された。
来年2月には、創業40周年を迎える。

現在 顔料、液晶、医薬品、各種ライフサイエンス商品を中心に事業展開を進めている。
社員数は500名。昨年度の売上は770億だ。

このメルク株式会社の人事を一手に引き受けるのが、
人事グループマネージャーの川口 正芳さんである。

メルク株式会社川口 正芳さん.jpg

2007年6月 5日 10:13 ネスレでの中堅社員研修

6月の1日、2日と、神戸に会社があるネスレ日本株式会社で研修をしてきた。
ネスレという会社は、“Good Food,Good Life”というスローガンが有名で、
コーヒー、栄養機能食品、ミネラルウォーター、チルド製品、チョコレート、
ペットケア製品など多角的に展開している。スイスのベベに本社がある。
世界中の売上は8兆665億円。
日本法人は、社員数が2500人で総売上高が2500億円ほどである。
日本で創業されたのは1913年、もう100年ほど前だ。
私は、ネスレで10年ほど一貫して毎年3~5回くらい研修をさせていただいている。

ネスレ日本株式会社.jpg

今回は中堅社員研修だったが、研修をさせていただいてつくづく思うことは、
なぜこの会社は100年以上も続いていて、
多くの人々に支持されているのだろうかということだ。その秘密は色々あると思う。

5月30、31日 と、2日間かけて
第1回シニアプロスピーカートレーニングプログラムが行なわれた。

IMGP0019.JPG

参加者は日本プロスピーカー協会(JPSA)認定ベーシックプロスピーカーの皆さんである。
全国各地でプロスピーカーとして選択理論やアチーブメントテクノロジーの普及に
尽力してくださっている方々である。

その皆様がさらにプレゼンテーション能力を高めプロスピーカーとして
プロフェッショナルになっていくために、研修が行なわれた。

コメント