2009年5月アーカイブ

フルで3日間オブザーブだ。

090527_01_02.jpg

久しぶりのことである

私が今回スタンダードコースにフルオブザーブする目的は3つある

1つは、私が担当している「頂点への道」シリーズの中の、
ダイナミックコース、及び、ダイナミックアドバンスコースの精度をより高め、
より効果的な研修にしていくということが目的の一つである

ダイナミックコース、ダイナミックアドバンスコースは、
スタンダードコースで青木が伝えている成功の原理原則のメッセージを体験化し、
それを参加者にお伝えしているものだ。

もっともっと素晴らしい研修にして行きたいと思っている。

そして2つ目は、経営者としての自分自身を見つめなおすこと。

3つ目はトレーナーとしての自分自身を見つめなおすこと。

この3つが目的だ。

青木の一言一言を、一語一句聞き漏らすまいとしてメモしたり、
そして自分の中で考え直したり、あっという間に時間は過ぎていく。

090527_32_03.jpg

スタンダードコースは18年間で、すでに新規受講生2万人を超えているという研修だ。

日本で最高峰の能力開発研修である。

この研修をいかに体験を通して、お客様にわかっていただき、腑に落としていただくか。
それが私のやっていることである。

今回、スタンダードコースに参加をしながら、新たな様々な気付きを得ている。

学ぶということは感動的でそして素晴らしいこと。

そして、今回もまた多くの参加者の皆様が参加をしてくださっている。

本当に心から感謝の気持ちでいっぱいだ。

次回から、ダイナミックコース、ダイナミックアドバンスコースが
さらにパワーアップしていきます。

どうか参加者の皆様、楽しみにしていてください。

090527_03_01.jpg

2009年5月22日 20:10 ダイナミックコース

今現在、第129期東京ダイナミックコースをリードしている。

70名の方が参加をしてくださっている。
皆さん本気で自分自身の可能性を探求して下さっている。

090522_01.jpg


ダイナミックコースは体験型研修。

スタンダードコースで青木社長から学んだ、成功のための原理原則を、
今度は体験を通して、参加者の方々にお伝えしている。

様々なエクササイズを通して、原則を体験を通して皆さんにお伝えしている。

今回の70名の参加者も本当に前向きにチャレンジをして、
そして素晴らしい成果を得てくださっている。

今週始め辛い決断をせざるを得なかった。

5月27日から始まる大阪ダイナミックコースを延期することにしたのだ。
現在、新型インフルエンザが猛威を振るっている。

やろうと思えば出来たのかも分からないけど、
参加者の方からも参加するのが不安だという問い合わせも頂いた。

参加者の健康が一番。
やむを得ず、来週の大阪ダイナミックコースは延期するという決断をした。

本当に辛い決断だった。

そして参加者の皆様にも、本当に申し訳ないという気持ちでいっぱいだ。

一日も早く、新型インフルエンザウィルスが沈静化されることを、心から願っている。

ただ実際、新型インフルエンザは、普通の風邪と同じような症状だという。

なんとか不安が取り除かれれば、
6月にはまた、大阪の研修の開催復帰をして行きたいと願っている。

5月27日から、大阪ダイナミックコースに参加予定だった皆様。
次の大阪開催は8月になってしまいます。
延びてしまって本当に申し訳ございません。

その間、東京のダイナミックコースにも是非、チャレンジしてくださればと思います。

皆様とお会いできることを心から楽しみにしています。

どうか健康には十分留意され、
自分自身の可能性を是非伸ばす日々を送ってくださればと思います。

次のダイナミックコースでお会いできますことを、楽しみにしています。

090522_02.jpg

2009年5月20日 22:42 素晴らしい夕べ

本当にエキサイティングな夜だった。

アチーブメントでは現在、F3の全日本シリーズナショナルクラスACHIEVEMENT by KCMG
スポンサーをしている。

そのドライバーのアレクサンドレ・インペラトーリさん、黒田吉隆さん、マネージャーの
土居隆二社長と、総監督の織田一彦さんと共に、会社を訪れてくれた。

090520_01_03.jpg


先週行われたF3第5戦の優勝、第6戦の第3位の報告も兼ねてだった。

全社員で様々な準備をして、そして、今か今かと彼らの到着を待った。

そして21:30彼らが忙しい中、会社に到着した

万来の拍手だった

090520_02_03.jpg


そして様々なイベントが行われた。

wiiの マリオカート、あるいは全女子社員の中からレースクイーンを4名選ぶという出し物
そして様々なゲームに大盛り上がりだった。

090520_04_03.jpg


私も、つたない英語で、アレックスに質問させていただいた。

090520_03_03.jpg


優勝の原因は?
それに対してアレックスは

チームの皆が協力してくれたこと
そして当日は雨でコンディションは悪かったけど、
チームの皆が素晴らしいチームワークだったこと。

そして、アチーブメントの皆が応援してくれたこと等、
みんなのお陰で優勝することが出来たと言っていたのが印象的だった。

アレックスは現在22歳、スイス生まれ。
子どもの頃からカートで夢中になって遊んでいたという。

そして、黒田吉隆さんも現在22歳。

090520_05_03.jpg


彼は小学生の時、あるカート大会に出てそこで優勝し、そこからカートに夢中になったという。

私は今、F3の彼らの活躍と、アチーブメントという会社を重ねている。

ドライバーの全てがF1を目指している。
そして特にF3は、F1を目指す者にとっての登竜門だ。

アチーブメントは今、世界の頂点となる会社を創ろうとしている。
今現在、社員が100名。

そして、これからトップへと登り、それだけのお客様に貢献していこうと私達は戦っている。

アレックスや黒田さんがF1に入るのが早いだろうか?
それともアチーブメントが多くのお客様に支持され続け、トップへ登り詰めていくのが
早いだろうか?

モータースポーツで頂点を目指す彼ら、そして能力開発の世界で頂点を目指す私達。
目指す山は違うけれど、その思いは共通している。

彼らと触れ合いながら、改めて私自身のコミットメントが明確になった。

そして全社員のエキサイトする喜ぶ顔を見ながら、本当に目指すことの大切さに感動した。

5月14日から開始された、第469回『頂点への道』講座 スタンダードコースで、
なんと新規受講生が2万人を超えた。

090516_01_03.jpg

18年間、一人の講師が担当してきた研修で、2万人を超えるのは凄いことだ。
第1回目は、5人の参加者からスタートしたという。

18年の長きに渡って、多くのお客様から愛され支持されてきた研修だ。

090516_02_02.jpg


世の中に流行廃りの研修は沢山ある。
現れては消えていった研修も沢山ある。

しかし、18年間も一貫して支持されてきた研修というのは、
おそらく世界に類を見ない研修だと思う。

私が、初めてスタンダードコースを受講させていただいたのは2002年だ。
これまで私も、様々な研修を受講してきた。

その質の高さ、そして、成功のための原理原則を伝える青木社長の圧倒的な説得力。
そしてその内容の正しさ。

トレーナーとして、一人の経営者として、そして一人の人間として受講しながら、
大きな興奮と感動を覚えたのを、今でも覚えている。

青木社長の凄いところは、毎回、毎回、研修を工夫し、毎回、毎回、その質にこだわり、
そして決して現状に甘んじず、その研修のクォリティーを毎回高め続けているということだ。

だからこそ、その原理原則は、18年間たった今もなお輝き続け、
多くの人達から支持されているのだと思う。

090516_03_03.jpg


私は、スタンダードコースを、日本中の人に受けて欲しいと思っている。

どのようにしたら目標達成できるか。
どのようにしたら人間関係をもっともっと改善できて、幸せな人生を生きられるのか。

それらを教えている研修としては、まさに世界に類を見ない研修だからだ。

私は、ダイナミックコースダイナミックアドバンスコースの中で、体験・エクササイズを通して、
スタンダードコースのメッセージを伝えている。

青木社長には生涯現役で頑張っていただいて、
3万人、4万人、5万人と多くの方にメッセージを提供して欲しいと思っている。

2万人を機に、改めて、この研修を受講してくださった受講生の方々に心からの感謝と、
18年間一貫して変わらず、この研修を続けて来られた青木社長に心から感謝を申し上げたい。

株式会社エリナの研修をさせていただいた。

エリナは基礎化粧品、栄養補助食品等を扱う会社で、創業38年、
売り上げ300億を超える会社だ。

創業者はフランク・E・アーティス氏。
現在、ご子息のアラン・K・アーティス氏が社長をしている。


090514_01.jpg


今回、エリナのトップリーダー94名が全国から集まって2日間の研修が行なわれた。
この会社の特徴は、会社、トップリーダーの人達が目的・理念から生きようとしていることだ。

090514_03_03.jpg


売り上げを優先させるのではなく、会社の、目的・理念を理解し、
そこを生きることを優先させている。

多くの会社や、人々は目標から生きる。
目標さえ明確でない人もいるが・・・

長期的に繁栄し、多くの人に影響を与える人は目的から生きる。
目的こそ最優先事項なのだ。

二つのことを意識する必要がある。
① 目的は何か
② 目的を成就するために、何をし、何を諦めるか。

お父さん亡き後、お父さんの意思を引き継ぎ、懸命に会社をリードしている
社長のアランさん、副社長のマイケルさん、そして専務の咲子さんのご兄弟。

そして創業社長時代から会社に尽くしてきた、副社長の磯崎さんや経営陣の皆さんも、
目的理念から生きて会社を率いている。


090514_02_02.jpg


健康、美、繁栄という豊かさを分かち合い、社会に貢献していこうとしているこの会社を、
今後とも、応援してゆきたい。

2009年5月 9日 11:39 脳はつくられる

昨夜、薬学博士の竹内久米司先生と青木社長との講演会があった。
実に、興味深い内容だった。

090509_01_03.jpg


竹内先生は長年、製薬会社の研究部長として、抗てんかん薬や向精神薬などの治療薬開発に従事。
日本薬理学界評議委員も務められた。

現在は、「脳の使い方」などに関して全国で講演会を実施している。
アチーブメントの研修にも参加してくださった。

先生によると、私たちは習慣を変えることで脳を自分でつくることができ、
いくらでも都合よく使うことができるようにすることができるとのこと。

そうすればストレスから開放され、幸せな気分でいられ、目標も達成できるとのこと。

090509_02_02.jpg


大切なことは脳の喜ぶことを毎日することだという。
・小さな達成を積み重ねること
・感謝の心
・感謝の言葉
・自分を褒め、自分に報酬を与える
・前向きに考え、良い解釈をする
・目的から生きる
・夢手帳をつくり実現したいことを毎日声に出して言う

などなど。

先生は、夢手帳によって、ミュージカルに出たり、
故遠藤周作との出会いから、帝国劇場講演にデビューしたり、
ジャズピアニスト世良譲さんの弟子になって、弾き語り講演会を行なったりと
様々な夢を実現してこられた。

青木社長のお話は達成脳の作り方。

全ては朝で決まるという。
目的から生き、解釈の質を高める。
毎日、達成した状態を考え、脳に楽しみを与える。
小さな成功体験を積み重ねる。

良い人生を生きるためには、脳を味方につけることが大切。
様々な夢を実現してゆきたいとあらためて思いました。

竹内先生の本の最後に引用されていた言葉。

It`s Now or Never !`
「今がその時、今やらなかったら永遠にやらないよ!」

頑張ろう。

2009年5月 7日 14:59 美味しかった・・・

一度、行ってみたいと思っていた。
築地玉寿司さん。

090507_01.jpg

創業大正13年。
全国で26店舗展開。

4代目社長の中野里陽平さんは、アチーブメントの参加者。
行った人はみんな美味しいと言う。

経営理念を調べてみたら
私達は海の幸の美味しさに真剣です
板前さんの心意気が感じられる経営理念が気に入った。

行ったのは銀座6丁目店
銀座松坂屋の目の前。
本当に、本当に美味しかった。

私は北海道の網走出身。
毎日魚を食べて育った。
魚の味にはうるさいのだが・・・

妻は光物を食べない。
その妻が鯵の握りを食べて「美味しい!」

正田店長は勤続25年。
すっかり意気投合。

090507_02.jpg


「こんなに長く居るとは思わなかったけれど、
お店の人や経営者の方がみんな良い人なので、頑張れました」
とのこと。

お腹一杯。
大満足。
帰りに妻と意見が一致。

「明日、朝ごはんはいらないね」

コメント