2010年3月アーカイブ

2010年3月31日 20:20 新入社員公開研修

昨日から、第一回新入社員公開研修が行われています。

様々な企業様から新入社員を受け入れ、そして、教育をしていくというものです。

アチーブメントにとっての初めての試みです。

今回約50名の新入社員の方々が様々な企業から参加をしてくださっています。

   

100331_03.jpg

 

この新入社員公開研修の目的は、主体性を引き出し、
社会人としてのベースを構築するというものです。

今まで、私どもの法人研修部門には、公開研修がありませんでした。

是非、公開研修をつくりそして多くの法人のお客様にお役に立ちたいという思いから、
今年初めて企画され、創られました。

コーポレートコンサルティング部が総出で、今まで企画をつくり、そして内容を作り、
そして練習に練習を重ねてきました。

今回は第一回目で、第二回目は4月5日~6日にも行われますが、
こちらはすでに満員御礼となっております。

新入社員公開研修のトレーナーは高木謙治くんです。

 

100331_02.jpg

 

学生や新入社員に対する教育に関しては、豊富なキャリアをもっています。

さらに、各大学での研修や講演の実績も豊富です。

満を持して彼は公開研修のトレーナーを務めています。

この公開研修を作るに当たっては私どもアチーブメントの中でも、
様々な部門にお世話になりました。

人材教育コンサルティング部、あるいはビジネスサポート課、
あるいは企画マーケティング部、あるいは経理課、
様々な部署にお世話になりながら、開催にこぎつけることができました。

私は現在公開研修が行われている会場の2つ上の4階で、
ダイナミックコースをリードしています。
新入社員公開研修が気になり、時々顔を出して覘いています。

 

100331_01.jpg

 

受講生の顔がはつらつとし、輝いており、
彼らの中から明らかに主体性が引き出されているのが良く分かります。

素晴らしい研修になっているようです。
私どもを信頼して、新入社員を派遣して下さった企業様に感謝します。

さらにコーポレートコンサルティング部全員が力を合わせて
開催にこぎつけたことを嬉しく思います。
そしてやりきった社員に大きな誇りを感じています。

今後のアチーブメントの研修にも是非ご期待ください。

 

導入事例はこちら→新入社員・若手向け研修導入事例

 

2010年3月29日 19:39

日曜日、夕方4時頃散歩に出ました。

日曜日はずっと本を書いていたのですが、
頭が少し疲れてきたのでウォーキングに出ました。

近くの公園を散歩すると桜が咲いていました。

 

100329sakura.jpg

 

昨日は寒く気温は9℃くらいだったでしょうか?
大変肌寒かったのですが、その中で桜が5部咲き程でした。

薄暗くなってきた中で、桜が早く満開になろうと
精一杯頑張っているように見えました。

洗足池公園の周りをウォーキングしてストレッチをしていると
『えいろう先生!えいろう先生!』と呼びかける人がいます。

驚いて振り向いてみるとなんと浅羽勤さんでした。
浅羽さんは約60万人の組織のトップリーダーです。
アチーブメントでも学び続けて下さっています。
浅羽さんとそして仲間の人たちが花見の宴会をしていました。
思わず私も嬉しくて『浅羽さん!』と言って駆け寄り、
熱い抱擁をしたのがこの写真です。↓↓↓

 

100329asaba.jpg

 

アチーブメントに来て本当に勉強になったこと。
アチーブメントを通してたくさんたくさん学んだこと。
そのことが今の組織作りに役に立っていること。
浅羽さんの話は尽きません。

桜は、おそらく今週末には満開になるでしょう。
私の家の中の桜はもうすでに満開です。

 

100329jitaku.jpg

 

私は今、ダイナミックコース東京をリードしています。

今月29・30・31日でダイナミックコースが終わり、
4月1日はいよいよキックオフミーティング。
そして入社式が行われます。

また、新入社員が入ってきます。
一つの区切りです。

今回、素晴らしいダイナミックコースにして
そして、4月に新しい社員を迎えようと思います。

2010年3月24日 15:17 上司の仕事とは

現在私は、公開講座の『頂点への道』シリーズを行うかたわら、
様々な会社で管理職研修をしています。

そこで、今回から折に触れて管理職研修を通して、
私が思うことを"コーチング"という観点から書いてみます。

経営者や管理職の皆さんの参考になれば幸いです。

 

100324.jpg 

 

「そもそも上司であるあなたの仕事は何か?」

管理職研修で私は参加者によくこの質問をします。
様々な答えが返ってきます。

「部下を管理することです」
「私はプレーイングマネジャーなので部下の目標を管理し自らも成果を挙げることです」
「会社の方針を部下に納得させることです」

いずれも間違いではありませんが本質を捉えてはいません。
上司であるということは部下がいます。
部下がいるということは組織を担当しているということです。

そこで、上司に求められるのは「組織目標」を達成するということになります。

いかに上司個人が目標達成したとしても、その上司が担当する組織の目標を
達成していなければ、上司としての仕事をしたとはいえません。
それが続けば会社は潰れてしまいます。

上司個人の目標を達成しなかったとしても組織目標を達成していれば
上司としての職責は一応果たしているといえるのです。

上司に求められているのは組織目標を達成することであるとすれば、
そのためにしなければならないことは部下を育てることです。

部下が育たなければどうなるでしょう。
上司がいつまでも第一線で頑張る?

しかし、一人の人間にできることには限界があります。
組織目標を達成することは到底できません。

したがって、上司の仕事は組織目標の達成に向けて部下を育てること
ということになります。

しかも、自分よりも優秀な部下を育てることができたら
優秀な上司ということができるのです。

「1分間マネージャー」の著書で有名なケン・ブランチャード博士は
次にように言っています。

「上司が支払わなければならない最悪のコストは
  いつまでたっても自分でやらなければならないことだ。」

優秀な上司の順に並べるとこうなります。

①組織目標も達成し自分の個人目標も達成している。
②組織目標を達成したが個人目標は達成していない。
③組織目標未達。個人目標は意地で達成。
④組織目標未達。個人目標も未達。最悪の上司です。

優秀な部下を育てることが上司にとって最も重要な仕事なのです。

そこで、上司は部下を育てるスキルを学ぶことが必要となるのです。
                                                                             (以下続く)

2010年3月20日 15:53 55歳の誕生日

昨日、3月19日は青木社長の誕生日だった。
55歳になられた。

誕生パーティーが、六本木ヒルズの51階で行われた。

私は、午後3時まで千葉県船橋市で、ある大手の旅行会社の研修だったので、
それが終わり次第駆けつけた。

時間ぎりぎりになってしまったが、会場には既に約250名もの人がきていた。
久しぶりにお会いする方、いつもお会いする方。
本当に大盛況だった。

 

100320_01.jpg

 

誕生パーティーが始まった。
三浦雄一郎氏の乾杯から始まり、青木社長のご挨拶と続いた。

青木社長が会社を創業して23年。
スタンダードコースが始められて19年。
今年の7月22日から始まるスタンダードコースはいよいよ500回目となる。

パーティーは感動的だった。
たくさんの方が祝辞を述べられ、青木社長に『おめでとう』と述べられた。

青木社長の教えが、どれだけ多くの人に生きる勇気を与え、成功に導いてきたか。

このパーティーがその結果を証明していた。

青木社長が生まれて来たからこそ、アチーブメントが生まれ、スタンダードコースが生まれ、
計り知れないほどの多くの人の人生に影響をあたえてきたのだ。

青木社長の誕生に心から感謝を贈り、そして、『おめでとう』という言葉を贈った。

私は、55歳の時にはアチーブメントに入社してまだ2年目だった。
無我夢中だったように思う。
当時社員は30名足らず。
それが今では90名。
時がたつのは早いものだとつくづく思う。

青木社長には生涯亘って現役でいて欲しいと思う。

その後、F1ピットストップカフェで行われた2次会も大盛り上がり。

アチーブメントは今期23期目。
そして3月は上半期の終了。
4月から下半期がスタートする。

素晴らしい仕事をすることによって青木社長と、
多くのお客様にお返しをしていかなければならないと思った。

2010年3月15日 19:12 Birthday

3月13日、ダイナミックアドバンスコースの最終日を迎えた。

ダイナミックアドバンスコースの目的は3つ

1つは、真価本領を発揮すること

2つ目、アチーブメントピラミッドの土台である
人生理念と人生ビジョンを深く構築すること。

3つ目、自分自身の限界を打破すること

今回も多くの参加者が自分自身と向き合い、
自分自身の可能性にチャレンジをしてくださいました。

アドバンスコースを通して、私は参加者の一人一人と深く関わっていきます。
その人の家族のこと。
その人の仕事のこと。
過去の様々な体験。
その人の今。
その人の未来。

一人一人の人と深く関わりながら、彼らの人生を自分の中に受け止め、
それを消化し、そしていかにそれをプラスに持っていくことができるか?

いかにそれらをこれからの人生を力づける方向に持っていくことができるかを考え、
そして、そのことを精一杯メッセージします。

アドバンスコースを通して、一人一人の参加者は大きな変革を遂げていきます。
まさに人の可能性は無限大です。

私たちにとって実は障害は何もないのです。
もし、世の中にたった一つ、私たちにとって障害があるとしたら、
それは自分の中にある解釈でしかありません。

どうか受講生の皆さん。
今回のダイナミックアドバンスコースの体験を通して、未来に大きく大きく羽ばたき、
そして可能性を実現して欲しいと思います。

3月13日は、ダイナミックコースとダイナミックアドバンスコースの
ディレクターとして活躍してくださっている、アチーブメント株式会社
人材教育コンサルティング部コンサルタント渚知子さんの誕生日。
Birthdayでした。

100315_01.jpg

彼女の人に対する貢献の思いの強さは本当に素晴らしいものがあります。

私のパートナーとして、このダイナミックコースとダイナミックアドバンスコースを
創り続けて下さっています。

ささやかながらみんなの前で花を私からプレゼントさせてもらいました。

100315_02.jpg

渚さん、本当にありがとう。
心から感謝しています。

これからもさらに参加者に貢献し、参加者の人生に貢献していきましょう。

今年一年があなたにとって素晴らしい年になりますよう心から祈っています。

100315_03.jpg

100315_04.jpg

100315_05.jpg

100315_06.jpg

2010年3月12日 12:14 藤本チーム決起大会

藤本チームの達成会及び決起大会に招待されました。

藤本チームは人材教育コンサルティング部の中の4チーム中の1チームで、

7名のメンバーで構成されており、藤本卓也さんがチームリーダーを務めています。

100312_01.jpg 

藤本さんは、入社4年目。

大手飲食コンサルティング会社の管理職からアチーブメントに転身し、

リーダーとしてその辣腕を奮っています。

徹底した成果へのこだわり、人材育成のスキル、

そして仕事をやり遂げる力、いずれにおいても素晴らしいリーダーです。

 

今回は、その藤本さんが率いるチームが、

2月の目標達成を成し遂げたお祝いと、

3月に向けての決起大会をやるということで招待されました。

 

フェリーチェで美味しい食事をしながら、メンバーと様々な話をすることができました。

私は一人ひとりにこれからのビジョンを聞いてみました。

様々なビジョンを持っている人がいて、私は心が躍りました。

選択理論を通して良い家庭をつくっていきたいという人

学校教育に選択理論を活かしていきたいという人、

あるいは、ビジネス分野で卓越した力を発揮していきたいという人、

将来はゆったりとした空間の中で余裕のある生活をしたいという人等様々だ。

それぞれの夢を実現して欲しいと心から思いました。

100312_02.jpg

 

そしていよいよ今月は23期上半期の最終月です。

どんなことがあっても達成しようと心から誓い合いました。

 

そしてフェリーチェからサプライズで素晴らしいプレゼントがありました。 

藤本チームが2月に素晴らしい達成をしたので、

「達成」と書かれた大きなケーキがプレゼントされたのです。

もちろんみんな大喜び。私も感動しました。

100312_03.jpg 

 

多くの人が応援してくれている。

多くの人が信頼してくれている。

このことに対する感謝の気持ちを決して忘れてはいけないと思いました。

 

3月度の藤本チームの活躍も、是非期待してください。

2010年3月10日 17:55 全社員グアムへの旅行

3月6日から8日まで全社員と一緒にグアム島へ旅行に行ってきました。
今回の社員旅行は前期22期に素晴らしい達成をしたお祝いと、
お互いのコミュニケーションを深め、そして、新たなスタートをするための研修です。

家庭の都合や仕事の都合でどうしても行けない人もいましたが、
約70名の社員が2班に分かれて、成田をスタートしました。

 

100310_12.jpg  100310_01.jpg  100310_02.jpg

 

私にとって最も心に残ったのが、青木社長のバースディーパーティーです。
3月19日には青木社長は55回目の誕生日を迎えます。
それに先立って、社員で青木社長の誕生日を祝おうということになったのです。

もちろん青木社長にはシークレットです。

そして、研修2日目の夜、場所をシェラトンホテルのパーティー会場に移して、
青木社長のシークレット誕生日パーティーが行われました。
元々は全社員パーティーの予定でしたが、青木社長に秘密で誕生日パーティーも
一部組み込んだのです。

 

100310_13.jpg  100310_03.jpg   100310_10.jpg   

 

 青木社長が登場した時、全女子社員がエスコートし、
そして、全社員が拍手と歓声でお迎えしました。

全社員から青木社長にプレゼントが贈られました。
それは、名刺入れと、名刺サイズのカードに書かれた全社員からの
バースデーメッセージです。
社長の奥様やお子さん達からのバースデーメッセージも入れられています。
100枚のカードです。

 

100310_06.jpg

 

それを読みながら青木社長は声を詰まらせていました。
『ありがとう。こんな嬉しいことはありません。』

私たちも感動しました。
いつもいつも全力で戦っている青木社長への感謝の気持ちでいっぱいでした。

全員でハッピーバースデーを唱和。

青木社長からは72歳、すなわちアチーブメントが40期まで頑張りぬくという話があり、
大きな拍手が沸き起こりました。

 

100310_09.jpg  100310_11.jpg  100310_05.jpg 

 

この3日間の社員旅行を通して、私は様々な社員と話をすることができました。
普段コミュニケーションが取れない人、普段話すことができない人。
時にはお茶を飲みながら、時にはお酒を酌み交わしながら話し合いました。

 

100310_04.jpg   100310_27.jpg      100310_15.jpg

 

 2日目の夜は午前3時まで社長とお話をさせていただいた。

夢を持ち、夢を共有し、そして夢に向かっていく、このアチーブメントの会社の
素晴らしさを改めて感じた3日間でした。

 

100310_18.jpg

 

社員旅行を通して、私たちはお客様の支えによって生きていることを確認し、
これからもさらにお客様のために大きな成長と飛躍を遂げ、
素晴らしい上質の研修コンサルティングを提供していくことを心に誓い合いました。

社員旅行を通して本当にすっかりリフレッシュすることができました。

 昨日から企業研修が始まっており、明日からまたダイナミックアドバンスコースです。

今にも増してパワーアップして素晴らしい研修を提供していこうと思っています。

 

2010年3月 4日 13:36 5万冊突破

青木社長が書いた『一生折れない自信のつくり方』が
いよいよ5万冊を突破しました。

 

100304.jpg

 

そしていよいよ8刷りに入りました。
驚異的な売れ行きです。

もちろんアチーブメント出版が始まって以来のセールス記録です。

何かをやるときに、自信を持ってやるのか、
あるいは自信がなくてやるのか、
どちらのほうが成果が出るでしょう。

自明の理です。

では、どのようにしたら自信を持つことができるのでしょう。

青木社長は本の中で言っています。

『自分は変わりたい』
と思っていても変われるのは全体の2割に過ぎないと。

そしてなぜ人は変われないのか。
それは今の状況から変わろうとすると、何らかの苦痛が伴うからだと。


では、どのようにしたら苦痛を乗り越え、
そして自信を持って取り組むことができるのでしょう。

そのノウハウがこの本の中に満載です。

そしてこの本の中に流れるメッセージは一貫しています。

ひと言でいうならば
『人は誰でもよくなれる。人生はどこからでもやり直せる』
ということです。

私の息子は今大学3年で就職活動中です。

息子もこの本を読んで、どうしたら自分の自己イメージを上げることができるのか?
そして、自信をつけることができるのかを学んだと言っていました。

現在就職活動をする彼にとって、大きな支えになっているようです。

今現在、おそらく世の中の多くの人たちは、自信を失っているのではないでしょうか。

だからこそ、世の中の多くの人にこの本を読んで欲しいと思います。

どうかこの本を読み、なおかつ多くの人に勧めてください。

そしていよいよ「一生折れない自信のつくり方」セミナーが全国で始まります。

岡山、東京、大阪、広島、名古屋で行われます。

どうか青木の渾身の講演を生で聞いてください。

たくさんの方がおいでくださることを楽しみにしております。

 

岡山:2010年3月9日(火) 18:30~20:30(18:00会場) ※満員御礼
大阪:2010年4月6日(火) 18:30~20:30(18:00会場)

コメント

100331_02.jpg