2010年7月20日 18:51 9冊目の本

私の9冊目の本が出版される。
タイトルは「プレイングマネジャーのための新図解コーチング術」(アーク出版)。


100720_01.jpg

 

 アーク出版は以前からお世話になっている出版社で、
私の「職場のコーチング術」そして「部下をひきつける上司の会話術」も出版させていただいている。

アーク出版の川口社長から「そろそろアーク出版から本を出していただけませんか」
という依頼を受けたのは昨年だった。

様々な準備を経て、実際に原稿を書き始めたのは今年の2月に入ってからだ。

それから日曜日に原稿を書くと決めて、
日曜日はひたすら英語の勉強と、この原稿の執筆に費やしてきた。

今回の本で意図したところがいくつかあった。

まず1つはプレイングマネジャーのために書いたということである。
日本の多くのマネジャーはほとんどプレイングマネジャーだ。

10年ほど前には、プレイヤーとマネジャーがどの企業でも明確に分けられていた。
すなわち、プレイヤーとして十分に訓練を受けてからマネジャーとなり、
そこから部下を育てるマネジャー業に専念していったのである。

しかし、社会の急激な変化は、多くの企業から余裕を奪った。

直接お金をうまない専任のマネジャー職は縮小され、
プレイヤーとマネジャーを兼務させるプレイングマネジャーが誕生した。

しかし、マネジャーとプレイヤーとでは求められるコンピテンシーがまったく違う。
そこで、部下をなかなか育てることのできない、プレイングマネジャーがたくさん生まれた。

それを埋め合わせるために導入されたのがコーチングだ。
コーチングでは、部下にいかに仕事を任せていくか。
そして任せた部下に対して、いかに主体性を引き出していくかというスキルである。

さらにこの本で意図して書いたことは、選択理論心理学である。
コーチングはスキルであって、理論の背景を持っているわけではない。
それぞれ独自にスキルが磨かれてきた。

一方、選択理論心理学は理論が重視されているが、
まさにその人の選択を尊重するという、
コーチングスキルのバックグラウンドとしてぴったりな理論だ。

このコーチングスキルと選択理論を組み合わせると、
より強固に一体感を持って部下の主体性を引き出すことができる。

私は多くの管理職にこのコーチングと
選択理論の両方を学んでいただきたいと思っている。

そこで、この本では選択理論についてもかなり触れている。

是非、部下の主体性を引き出したい、
そして部下をもっともっと育てたいと思っている
多くのプレイングマネジャーの方に読んでいただきたいと思う本だ。

書店では7月26日から27日あたりから並ぶので、
ぜひ読んでいただきたいと思っています。

 

100720_02.jpg 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.achievement.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1634

コメント(2)

英郎先生、おはようございます。

待ってました。
出版が楽しみです。
選択理論とコーチング。。。
大変興味深いです。

執筆、お疲れ様でした。
必ず読みます。

素敵な情報をありがとうございます。

「プレイングマネジャーのための新図解コーチング術」購入し、熟読しております。
読みながら気になった点をネットで調べていたところ、一点スペルミスを発見してしまいました。

P139のMesurableは、どうやらMeasurableが正解のようです。

で、合ってますか?

コメントする

コメント

取締役ブログ①.jpg