2010年10月アーカイブ

2010年10月28日 22:09 ~JPSAコンベンション~

10月30日は、1年に一度のJPSAコンベンションです。
今年のテーマは、[良質な教育こそ使命]というものです。

JPSAは、アチーブメントテクノロジーと選択理論心理学の普及を通じて、
世の中から人間関係による不幸感を排除し、
誰もが生き生きと夢や目標を見出しいける社会作りを目指しています。

JPSAコンベンションは、自らのフィールドで活動を展開しているJPSA会員が一同に会し、
成果を発表する、重要な機会です

今回の特別講師は、ロン・カールトン氏です。

ロン・カールトン氏は、
ウィリアム・グラッサー・インステテュートのシニアメンバーです。
日本リアリティセラピー協会の共同設立に携わっています。

実は、カールトン氏が、講師を務めたリアリティーセラピー集中基礎講座に、
青木社長は参加をしています。

24年前の出来事です。

青木社長は、ここで初めて選択理論心理学に出会いました。
そして、【選択理論心理学を広めることは、自分にとってのミッションである】と思ったそうです。
そのアチーブメントと選択理論心理学が出会うきっかけとなった
ロン・カールトン氏が、来日に、私もいまからワクワクしています。

貴重な、貴重な、本当に貴重な講演会となります。
どうか多くのJPSA会員の皆様、クラブ会員の皆様、お待ちしています。
10月30日にお会いしましょう

2010年10月26日 12:51 ご受講生の活躍~ご案内~


研修受講生の成田直人さんが、3冊目の本を出版しました。

 


2010102610200001.jpg

彼は現在、販売コンサルティング会社株式会社 Familysmile 代表取締役社長として
活躍しています

19歳のとき
最大大手靴屋チェーン店にてアルバイトをし、
個人売り上げで全国NO1を獲得しています。

その後1年間で1億円を売り上げるんだという決意のもと
入社したPC専門店にて、圧倒的なリピート(紹介)率により
7ヶ月間で個人売上1億円を達成しました。

その後起業を作り、
上場企業をはじめ、様々な会社において営業に関するコンサルティングを行っています。

成田さんの本を手にするのは、これで3冊目です。
販売員だった成田さんが、
どのようにして、トップ販売員になったのか。
この本には、そのための100のルールが盛り込まれています。

 

2010102610210000.jpg

本日アマゾンキャンペーンを行っています。
どうか営業に携わる方・販売に携わる方の一読を強くお勧めいたします。

**********************

26日限定!
「トップ販売員のルール」
一冊買うだけで、41180円相当プレゼント付き!
アマゾンキャンペーン開催中!
http://familysmile.co.jp/rules/amazonpre.html

**********************

 

2010年10月23日 12:00 JAXA


先日JAXA(宇宙航空研究開発機構)で、研修をしてきた。
JAXAはアメリカで言うならNASAと同じ組織である。


宇宙開発利用と航空研究開発を目的としており
コーポレートメッセージは、
「空へ挑み、宇宙を拓く」というもの。

人類の平和と幸せのために役立てるよう
宇宙の持つ大きな可能性を追求している、独立行政法人である。

一体どのような方たちが働いているのだろうと興味があった。

つくば市の施設に到着して、まず驚いたことは、ロケットの巨大さだ。

 

 

201010201224000.jpg

 

種子島などから、様々なロケットを飛ばしているが、実物を見た。
テレビや新聞でみるロケットは、遠くから映しているので小さく見えるが
近くで見るとまさに巨大。

ビルでいうなら、15~6階建てくらいはあるだろうか。

人類の英知と知恵が詰まった、精密機械だ。

改めて、宇宙という視点から
地球・私たちの存在を見つめなおす機会となった。

研修に参加してくださった皆さんは、とても優秀で
宇宙に対する大きな夢をお持ちの皆さんだ。

とてもエキサイティングした研修をすることができた。

これからテレビやマスコミでロケットを見たら、違う視点で見ることができると思う。

2010年10月20日 12:19 ドラッカーの講義

アチーブメント出版から、
「ドラッカーの講義(1991-2003)〜マネジメント・経済・未来について話そう」が出版された。
今、Amazonのビジネス書部門でも第3位を記録している。

P. F. ドラッカーと言えば
マネジメントにおける世界的大家である
そしてこのたび、ドラッカー・インスティテュートの代表者である
リック・ワルツマン氏が来日した。

CIMG0305.JPG

Feliceで、様々な観点からお話しさせていただいて、とても興味深かった

・今、日本社会に求められているマネジメントとは
・組織イノベーションの重要性
・変革に起こす組織に必要なことは、
・経営者に必要な3つの条件とはなど
話は尽きなかった。

ピータードラッカーのマネジメントに対する考え方は
世界中の経営者に大きな影響を与えている。

今回、クレアモント大学院大学ドラッカー・インスティテュートのエグゼクティブ・ディレクターを務めている
リック・ワルツマン氏が講演をしてくださる。
是非たくさんの方においでいただきたい。

きっとこれからの日本と経営の未来について
大きな示唆を売ることができるものと信じます。

リック・ワルツマンさんは、非常に気さくな方です。
彼はもともと新聞記者として、ピューリツァー賞も獲得し
また彼の書いた本も
ロサンゼルスタイムズ紙の年間再優秀ノンフィクションにも選ばれています。
現在は、ドラッカーの考え方を世界中に広めるために活躍しています。

是非、多くの方のご来場お待ちしています。

2010年10月18日 17:48 嬉しいハプニング

みなさん、船橋屋という会社をご存じだろうか。
社名を知らなくても誰もが、「くず餅」は食べたことがあると思う。
私もくず餅は大好き。船橋屋はくず餅を作っている会社である
 
創業は、さかのぼること1805年。江戸文化2年.
したがって、創業205年になる。
くず餅なら船橋屋と庶民から愛され、多くの著名人からも支持がある。
現在、社長は、8代目当主渡辺雅司社長。
1952年の法人化以降、一期も赤字を出さずに
成長し続けている素晴らしい会社である。
 
船橋屋の渡辺社長をはじめ、幹部の方々は
弊社のシンボリックセミナーにも参加してくださっている。
 
私は4月15日以降
3か月に1回、研修を担当させていただいている。
この研修の名前は、渡辺社長の命名で「英郎塾」と名付けられている。
研修のテーマは、「会社を愛し、お客様を愛し、具体的な違いを作り出していくこと。」
すなわち「ブレイクスルー」がテーマだ。
1回目が4月15日。テーマは「基礎づくり」そして「責任」
7月21日、2回目のテーマは「主体性」。
そして、3回目のテーマは、「全体勝利」だった。

先週行われた研修の最後にうれしいハプニングがあった。
研修の最後に「ちょっとお待ちください」という声があり、
花束と心のこもった5枚のメッセージボードをいただいた。
社員の皆さまが、私の還暦をお祝いしてくださったのだ。

 

DSC04833.JPG

メッセージボードは、本当に手の込んだもので、
一人ひとりの温かいメッセージが込められていて、心が熱くなった。
渡辺社長も自ら、手作りのメッセージを作ってくださった。

船橋屋は、今期も昨対で売り上げを伸ばしている。組織は、人材がすべてである。
人が育ち、人のモチベーションが高いところでは、よい成果が生まれる。
どんなに良い仕組みやシステムがあったとしても、
そこにいる人が育っていなければ、決して良い成果・貢献を生むことはない。
船橋屋は、黒字経営を続けているが、
人材育成の手綱を緩めることのない会社である。
その人材育成の一端を担うことができて、とてもうれしい思いだ。
これからも、心血を注いで研修をリードしていきたい。

社員の皆様、今回は、本当に心のこもった贈り物をありがとうございました。
メッセージボードは、すぐに飾りました。これから生涯、大切にします。
素晴らしい成果を上げ続ける社長・社員の皆さまに、心から感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました。

DSC04843.JPG

今日で60回目の誕生日、還暦を迎えることができました。

いままで支えてくださった多くの皆様に感謝申し上げます。

朝10時から、会社で朝礼が始まりました。
その時、青木社長が社長室から出てこられ、
佐藤さん還暦おめでとうと言って、私にプレゼントをくださいました。

その時に、青木社長のネクタイをみて驚きました。
実はネクタイのデザインが全く同じものだったのです。
銘柄も、デザインも同じ。
驚いてしまいました。

IMG_33192.jpg

誕生日のこの日に、
何か相通ずるものがあったのでしょうか。

社長からは、プレゼントをいただき、
また、ともに頑張りましょうという
熱く温かい言葉もいただきました。
社員の皆さんからもたくさん「おめでとうございます!」という
お祝いをいただきました。

夜のJPSA研究会の中では、たくさんのJPSAの仲間の皆さんから
おめでとうというお言葉や、心からの祝福をいただきました。

 

PA130442.jpg

朝、千葉にいるおふくろに電話をしました。

母さん、60歳になっちゃったよ。
本当にありがとう、ここまで、やってくることができたよ。
これからますます、頑張ろうと思っています。

おふくろは、一言
「おめでとう。体にだけは気をつけてね。それだけが心配」

私は60年前、北海道網走郡東藻琴村字福富という
一級僻地で生まれました。
両親は、酪農・農家をしていました。

私は、一卵性の双生児で双子です。
生まれた時兄は、3000グラム、私は、1000グラムちょっとで超未熟児でした。
そんな私も多くの人に支えられて、ここまでくることができました。
還暦を迎えた、今の気持ちをひとことで表すなら、
「感謝」という言葉以外に見当たりません。
多くの方からお世話になり、力を得てきました。
私の想いは、70歳で体力知力をピークにもっていき、
生涯で、最高の研修をすることです。
この言葉を忠実に守っていこうと思います。

そして、今日、さらにうれしいことがありました。
それは、6名のベーシックプロスピーカーが誕生したということです。
合格者の皆さんには、夜の研修会で、プレゼンテーションをしていただきました。
実にすばらしいものでした。
インパクトと想いがあり、まさに実践してきたこと、行動言語として、
選択理論心理学・アチーブメントテクノロジーが語られていました。

 

_DSC2634.jpg

1/1000プロジェクトは、これで80/1000になりました。

新ベーシックプロスピーカーの皆さま、
心からお祝い申し上げます。おめでとうございます。
そしてこれからこそ、スタートです。


 

2010年10月13日 12:00 出版記念講演会

10月14日に、出版記念講演会が行われます。


講演なさる方は、
オフィスシマザキ 院長
上部頸椎カイロプラクターの島崎広彦先生です


島崎先生は、このたびアチーブメント出版から
首を整えると脳が体を治しだす
というタイトルの本を出版されました。

2010101308190002.jpg

島崎先生は、上部頸椎カイロプラクターとして、
素晴らしい成果を上げていらっしゃる方です。


現在青梅で、開業なさっていますが、
全日リピートの絶えない治療院です。
有名人やスポーツ選手を治療してきました。
22年で約2万人の患者さんを診療されたそうです。
遠く北海道から、診療を求める人もいます。
以前私は、島崎先生とツインで講演を開催させていただきましたが
とても話が上手で、専門知識豊富で素晴らしい講演会でした。


このたび島崎先生が本をだされたということを
心からお祝い申し上げます。
この講演会、是非多数の方にご来場お待ちしております。

2010年10月12日 10:00 「感動の結婚式」

10月10日銀座で感動の結婚式が行われた。


CIMG0269.JPG

新婦はアチーブメント株式会社元社員の金山晃子さん、
そして新郎はアチーブメントの研修の受講生会社を経営していらっしゃる川村英雄さん。
 
金山晃子さんは1998年6月18日にアチーブメントに入社してくださった。
そしてこの9月末まで12年と2ヶ月12日間、仕事をしてくださった。
アチーブメントは現在10月より24期目を迎えたので、
アチーブメントの歴史の半分以上はアチーブメントで仕事をしてくださった方だ。
長い間アチーブメントの成長を支えてくださった。

特にここ5年はアチーブメントの役員秘書として私、青木社長の秘書という業務をこなしてくださった。
新郎の川村 英雄さんは12年前にやはりアチーブメントの研修を受講してくださった。
自ら会社を経営しており、アチーブメントで沢山の学びをしてくださった方だ。
お二人の結婚は青木社長が積極的にこの話を進めたことによる。
金山さんに「とても誠実な良い人がいるよ、どうだ」と
そんな風に話しかけたことからスタートし、そしてお二人は結婚することになった。
結婚式は本当に家庭的で暖かく二人の心がこもったものでした。

青木社長、専務ご夫妻が媒酌人として結婚式を進めた。
 
最後の川村さんのご挨拶が感動的だった。
こんな風におっしゃって頂きました。
「アチーブメントで12年前に学び続け、それから売上を400倍にしました。
そして素晴らしい奥様も手にすることができました。アチーブメントに心から感謝しております。」
というお話でした。

私はその話を聞いてこみ上げるものがあり、泣けて泣けてしかたありませんでした。
アチーブメントを信じて、そして学びくださったことへの感謝、
飾らない川村社長の人柄に対する感動、そして更にアチーブメントの学びの輪を日本全国に
広げていかなければならないというコミットメント、心からこみ上げてくるものがあった。

その後場所を変えて二次会パーティーが行われたが、そのパーティーも本当に大盛り上がりだった。
 
金山さん、川村さん心からおめでとう。心から応援申し上げます。
どうかアチーブメントの教えのもと、素晴らしい家庭をつくってください。そして素晴らしい仕事をなさってください。
CIMG0271.JPG 

2010年10月 4日 15:58 心新たに

アチーブメントは9月30日で23期を終え、10月1日より24期に入りました。


23期は昨対をさらに大きく超える成果を創ることが出来ました。
アチーブメントの研修に参加してくださった多くの皆様、企業様に心から感謝です。
さらに24期も皆様のご期待に応えていきます。

 

23期のさまざまなシーンが思い浮かびますが 、
最も印象的だったのは7月25日に行われた、ASS500回イベントです。

社員と徹夜で準備をすすめ、1、000人の参加者に
WSを提供させていただいたときには感謝で涙が溢れてきました。

その後の青木社長の講演を聞きながら思ったことは、
「教育を通して日本を変えて行きたい」というこれからへの強く揺るぎないコミットメントです。

私は2003年の10月1日にアチーブメントに入社しました。
7年が経ちました。
毎年この時期になると心新たな思いです。


10月12日はアチーブメントの創立記念日、13日は誕生日。
10月は私にとって特別な月です。
特にまもなく60歳。還暦です。
これからの10年間、人生で遣り残しのないように全てをやりきるつもりです。

10月1日、2日のキックオフmtgで思ったことは全社員の熱いハートです。
本当に個性豊かで優秀な社員が集まっていると思います。
来年4月には30人の新入社員が入ってきます。
20,000人の応募者から選ばれた人たちです。

全社員がアチーブメントの理念を生き、社会に貢献していきます。
ご期待ください。


_DSC1905.JPG

コメント

2010102610210000.jpg