2010年10月18日 17:48 嬉しいハプニング

みなさん、船橋屋という会社をご存じだろうか。
社名を知らなくても誰もが、「くず餅」は食べたことがあると思う。
私もくず餅は大好き。船橋屋はくず餅を作っている会社である
 
創業は、さかのぼること1805年。江戸文化2年.
したがって、創業205年になる。
くず餅なら船橋屋と庶民から愛され、多くの著名人からも支持がある。
現在、社長は、8代目当主渡辺雅司社長。
1952年の法人化以降、一期も赤字を出さずに
成長し続けている素晴らしい会社である。
 
船橋屋の渡辺社長をはじめ、幹部の方々は
弊社のシンボリックセミナーにも参加してくださっている。
 
私は4月15日以降
3か月に1回、研修を担当させていただいている。
この研修の名前は、渡辺社長の命名で「英郎塾」と名付けられている。
研修のテーマは、「会社を愛し、お客様を愛し、具体的な違いを作り出していくこと。」
すなわち「ブレイクスルー」がテーマだ。
1回目が4月15日。テーマは「基礎づくり」そして「責任」
7月21日、2回目のテーマは「主体性」。
そして、3回目のテーマは、「全体勝利」だった。

先週行われた研修の最後にうれしいハプニングがあった。
研修の最後に「ちょっとお待ちください」という声があり、
花束と心のこもった5枚のメッセージボードをいただいた。
社員の皆さまが、私の還暦をお祝いしてくださったのだ。

 

DSC04833.JPG

メッセージボードは、本当に手の込んだもので、
一人ひとりの温かいメッセージが込められていて、心が熱くなった。
渡辺社長も自ら、手作りのメッセージを作ってくださった。

船橋屋は、今期も昨対で売り上げを伸ばしている。組織は、人材がすべてである。
人が育ち、人のモチベーションが高いところでは、よい成果が生まれる。
どんなに良い仕組みやシステムがあったとしても、
そこにいる人が育っていなければ、決して良い成果・貢献を生むことはない。
船橋屋は、黒字経営を続けているが、
人材育成の手綱を緩めることのない会社である。
その人材育成の一端を担うことができて、とてもうれしい思いだ。
これからも、心血を注いで研修をリードしていきたい。

社員の皆様、今回は、本当に心のこもった贈り物をありがとうございました。
メッセージボードは、すぐに飾りました。これから生涯、大切にします。
素晴らしい成果を上げ続ける社長・社員の皆さまに、心から感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました。

DSC04843.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.achievement.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1672

コメント(1)

英郎先生、こんばんは。
素敵なサプライズでしたね。
いいなぁ~。

船橋屋のみなさん、いい笑顔ですね。
先生の創りだす研修の雰囲気を感じます。

全体勝利の鍵はやっぱり、、、

『愛』なんでしょうね。

英郎先生のブログを通じて強く感じました。
ありがとうございました。

コメントする

コメント

取締役ブログ①.jpg