2011年1月アーカイブ

過日講演が行われた。
この講演会を主催したのは、
アチーブメントダイナミックコース139期の卒業生の人たちである。

彼らが研修が終わってちょうど一周年が経ったというところで、
「何かをしよう」「どうせなら社会に役に立つことをしよう」
ということで、自ら研修を主催して下さった。

DSC_2569.JPGこの研修の企画から集客まで、すべて彼らが行った。
なんと当日は400名を越える方たちが集まって下さった。
研修を卒業した同期生の人たちが、主体的に講演を企画し、
実施するというのは、恐らくこれが初めてのことではないだろうか。

中心となった人たちは、139期卒業生の倉光 玄さん、福 真澄さん。
そしてその他たくさんの人たちがプロジェクトメンバーとして関わって下さった。

会場は三井生命本社の大手町野村ビル。
三井生命にお勤めの 山中 聡子さん、大澤 亜紀子さんが全面的に協力して下さり、
このプロジェクトのためのミーティング会場や、
そして本番においても会場を提供して下さった。

この企画が発表されて以来、アチーブメントとしても集客に全面協力。
様々なセミナーの際にチラシを置き、アナウンスをさせていただいた。


当日の講演で私は腹をくくっていた。
彼らの思いに応えるために、最高の講演をしよう。
参加して下さった皆様に、講演のタイトル通り、その可能性に火をつけよう。
そして、精一杯講演をさせていただいた。

DSC_2953.JPGその後、会場を移し、懇親会。
多くの人と直接お酒を飲みながら触れ合うことが出来た。
まさに、感動、感動の時間だった。

研修を主催して下さった皆様に心から感謝。
おいでくださった多くの皆様に心から感謝。
タイトル通り、どうか自分自身の可能性を信じて、可能性に火をつけて、
素晴らしい年にしていきたいと改めて心から願った。

 

2011年1月14日 16:25 MDRT

過日、ジブラルタ生命MDRT研修会で講演をさせていただいた。

MDRTとは、ミリオン・ダラー・ラウンド・テーブル(Million Dollar Round Table)
といって、世界76カ国の国と地域、3万1142名(2010年8月現在)の会員を有する、 
卓越した生命保険と金融サービスの専門家による国際的且つ独立した組織である。

MDRTというのは、まさに一定の卓越した成果をあげた人たちの集まりであり、
その基準ともなっている。

今回は、そのジブラルタ生命のMDRT会員の皆様に講演をさせていただいた。
素晴らしい出会いがたくさんあった。 

  benno 236.JPGこの研修会に私を推薦して下さったのは、前澤 貴昭さん。
アチーブメントで学び続けている、ジブラルタ生命の方だ。
心から感謝している。

 

写真は、チャンピオンの上野のりこさん。
年齢は不詳。とても若々しく、素敵な方だ。

2011011212400000.jpg

チャンピオンであり続ける秘訣は何ですか、とお伺いしたところ、
明確な目標を持つこと、誰からも応援される人格を築くこと、
と仰って下さった。

講演会場は、ジブラルタ生命の本館別館である。
ここには、日本におけるソニー・プルデンシャル生命創始者である
坂口陽史さんの様々なモニュメントや文章が置かれている。

坂口さんは、アメリカのノース・イースタン大学大学院に留学し、
そしてアメリカの保険会社、経営コンサルタントを経て、
1979年にソニー・プルデンシャル生命を創業した。
その後、ジブラルタ生命の社長にもなり、
2002年1月に58歳で亡くなられるまで、日本の保険業界のために力を発揮した方だ。

2011011208330000.jpg彼の様々なモニュメントを見ながら、非常に印象に残った言葉がある。

私の心を打ったのはこういう言葉だ:

「生命保険は私にとって単なるビジネスではない。生命保険は私の中にある」
というものだった。
まさに生命保険によってお客様に貢献することに命をかけた人だった。

この言葉を私の中で反芻しながら、私も改めて、
この言葉に生きているかを反省してみた。 

「人材育成は私にとって単なるビジネスではない。
人材育成は私の中にある。すなわち、私自身そのものだ。」

私もまさに今そこに生きていると感じた。
坂口さんの生前座っていたデスクに座って写真を撮ってみた。

      benno 234.JPGあることに命をかけ、取り組んできた人の人生の息吹を感じ取ることができた。

MDRTの皆さんの今後の更なる活躍を心から祈った。

1月10日は、福岡で「『超』・達成力セミナー」が行われた。
約300名の皆様がお越し下さった。

私と青木とで、渾身の力を込めて、
参加者の皆さんに新年のメッセージをさせていただいた。

福岡に私が行くことはめったにない。年に数回だ。
九州からの参加者の方は、毎回、大阪や東京に来て研修に参加して下さっている。
久しぶりにお会いする方たちの顔がたくさん並んだ。
本当に感謝の気持ちでいっぱいだ。

頑張ってください。
絶対に成功しましょう。
今年は素晴らしい年にしましょう。
今までありがとうございます。

自分の気持ちをたくさん、多くの方々にお伝えをした。

  DSCF6119.JPG先日は、社員とフェリーチェでミーティングを行った。
メンバーは、コンサルティング&トレーニング部の嶌村さん、
総合クライアントサポート室の梅澤さん、
そしてアシスタントチームの稲垣さん。
DSCN2000.JPGJPSA会員のお客様ために、どうしたらもっともっと役立つことが出来るか、
アイディアを様々出し合った。

話を重ねながら、もっともっと、お客様のお役に立ちたい、
もっともっと、お客様に喜んでいただきたい、
そんな気持ちが本当にいっぱいだった。

DSCN1998.JPG私はフェリーチェが大好きで、よく行く。
この日のメニューは、寒ぶりのしゃぶしゃぶ。
本当においしかった。
生存の欲求が100%満たされた。

これからもお客様に感謝し、お役に立っていこうとますます思った。

2011年1月 8日 20:39 『超』達成力セミナー 2011

『超』達成力セミナー」が、本日開催されました。
今日は東京での開催でした。

講演前に、青木社長が理事を務める
恵比寿メディカルビュークリニックで、プラセンタを注射しました。
166.JPGプラセンタ注射とは、胎盤から抽出されたエキスの有効成分を活用した栄養療法です。
免疫・抵抗力を高める等、様々な薬理効用をもっています。

164.JPG

青木社長と一緒に、講演の前に、「今年最高の講演をしよう」
と気合を入れ、講演に臨みました。

この「『超』達成力セミナー」は、毎年恒例になっています。
年の始めに、私と青木社長が渾身のメッセージをお客様にお伝えさせていただいています。
今回も約600名の方が来て下さいました。

1部では、私が5階で、そして青木社長は2階。
2部では、私が2階で、青木社長が5階で講演をさせていただきました。

510.JPG私が参加者の皆さんにお伝えさせていただいたことは、
まず、目的を明確にすること、
そして目的から生きることの重要性です。

人生は一度切りです。
誰のために、何のために、私たちは生きているのか。
そして、何を成し遂げようとしているのか。
すなわち、私たちの生きる目的です。
それを明確にし、そこから生きることが大切です。

524.JPG更に、正しい信念を持つことです。
私たちは、ときどき間違った信念を持っています。
間違った信念とは、目的・目標達成から見て、間違っているということです。
「私には出来ない」「私には価値がない」
「こんなものだ」「自分さえ良ければいい」
こういう間違った信念が、いかに私たちの人生を台無しにしているのでしょうか。

私たちの成長や、目的・目標達成における抵抗勢力は、
実は、私たち自身の中にあります。
私たちの外に抵抗勢力はありません。
私たちを本当の意味で止めているのは、私たちの中にある間違った信念・考え方です。
これを打破することが重要なのです。


私の息子も講演に駆けつけてくれました。

527.JPG息子からは聞いていなかったので、びっくり。
息子は大学4年生。今年の4月からいよいよ社会人となります。
1月からのスタンダードコースに参加します。

息子には、社会人として成功に満ちた人生を生きて欲しいと、
そんな思いで壇上からお伝えさせていただきました。

皆さん、2011年を今までの人生の中で最高の年だったという年にしていきましょう。
目的から正しい信念を持って日々取り組んでいきましょう。


皆さんの成功を心からお祈りしています。

旧年中は本当にお世話になりました。
今年もどうぞよろしくお願いします。

2011年度も幕が明け、アチーブメントでは、1月4日から業務が開始されました。
1月4日はキックオフミーティング。
2010年10月から始まった第一クォーターが、12月末で終わり、
第一クォーターの振り返りと、新しいクォーターへの決意・プランなどが、
各部署から次々と発表されました。

夜はキックオフパーティーが行われました。
楽しい催し物がいっぱい。腹を抱えて笑い、大盛り上がり。

日が明けて、本日は1月5日。
午前9時から営業トレーニングです。
営業スタッフ全員が集まり、トレーニングが行われました。

今、社会は様々な問題を抱えています。
一番大きな問題の一つは、各企業とも、成果が上がらないこと、
不況であえいでいること、デフレが続いていることです。

更に大きな問題は、人間関係上の問題です。
いじめと虐待、差別、これらをいかになくしていくかが大きな課題です。

今年のアチーブメントのテーマは、「ソリューション」と「ベネフィット」。
すなわち、社会のあらゆる分野において、
目標達成と人間関係分野の改善によって課題解決はかり、
且つ、価値を創り出していくこと。

様々な個人と企業の問題解決と、価値の創造に貢献していこうと決めています。

_DSC4549.JPG

コメント

DSC_2953.JPG