2011年3月17日 11:45 what one man can do

家があって

明かりがあって

暖がとれて

食べることができて

家族がいて

大震災は全てを奪っていきました。


1995年、阪神淡路大震災が起きて数年後、神戸に本社のある会社

研修を

させていただきました。

昼休みに市役所前公園に行くと震災のモニュメントがいくつか

ありました。

その中に昼間も煌々と火をともしている四角いガス灯があって、

その土台の正面に次のように書いてありました。


「私たちが阪神淡路大震災で失ったもの

 それは 尊い命、家族、家、美しい街並み」


そして、ガス灯の後には次にように書いてありました。


「私たちが阪神淡路大震災で得たもの 

 それは 友情、信頼、連帯、絆、愛」


自分にできることをしましょう


アチーブメント株式会社義援金募集サイト

http://www.achievement.co.jp/company/new/110316/

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.achievement.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1747

コメントする

取締役ブログ①.jpg