2011年5月アーカイブ

2011年5月31日 12:47 ASTD

5月23日から5月25日までアメリカのオーランド州で行われた
ASTD(THE AMERICAN SOCIETY FOR TRAINING&DEVELOPMENT)
という世界最大の人材教育に関するイベントに参加をしてきました。

世界中から約9000人の教育の専門家が集まるイベントです。
今回はASTDのテーマは「leaning to LEAD」
すなわち「人をリードする為に学ぶ」でした。
様々な授業を受け、とても大きな学びとなりました。

CIMG0744.JPG

まずはボブ・パイク氏。

CIMG0757.JPG

彼は「トレーナー・オブ・トレーナー」と呼ばれ、
世界中のトレーナーをトレーニングする為のトレーナーです。
研修のオープニングの仕方や進め方、またフォローの仕方など
どのようにしたら受講生に学びを与えることができるのか。
ということを世界中に伝えています。
私は一昨年のASTDでも彼の授業に参加し、そして日本でも
何回か参加をしています。
今回も本当に大きな学びになりました。
研修の学びを受講生の記憶に定着させる為にはどうしたらよいか。
ということが今回のテーマでした。

続いて私にとって大きな学びとなったのはケンブランチャード氏です。

CIMG0767.JPG

『1分間マネジャー』(The One Minute Manager)はとても有名です。
まさに世界のリーダーシップの大御所と言ってもいいでしょう。
私は彼の本で日本で出版された本はほとんど読んでいると思います。
とても大きな影響を受けました。
80歳半ばでとても力強く受講生にメッセージをされていました。
彼がまず400人ほどの受講生に聞いたのは
「この中で自分の目的やビジョンを明確に持っている人は手を上げてください」
というものでした。
会場の10%も手を上げませんでした。
彼は「リーダーシップの本質は目的とビジョンを生きることである」
ということを力強く説き続けてくれました。

その他アカウンタビリティという講義も印象に残りました。
アカウンタビリティ(Accountability)というのは
Accounting(会計)とResponsibility(責任)とが一緒になった言葉で
日本では一般的には「説明責任」と訳されていますが、
実際にアカウンタビリティとはそうではなく、
「望ましい結果から見ていかに自分のやるべきことを説明し、尚且つその事に対して責任を取っていくか」
ということです。
アメリカではアカウンタビリティの文化が定着しているとのこと。
日本はまだまだこれからです。

様々な世界第一線で活躍されている方々の講義を聞き、様々なブースを
回っていきながらさらに勉強を積み重ねていかなければならないと
コミットメントを強くしました。
アチーブメントで述べているメッセージは、世界的に見ても成功に関する
正しく、そして確かなメッセージです。
ASTDを通して一番思ったことは、アチーブメントが伝えているメッセージを
もっと多くの人に伝え、多くの人の人生の幸せと成功に貢献をしていきたい
ということです。

CIMG0765.JPG




5月17日第一回目のEMSが行われた。
私の主催する早朝勉強会である。
約30人の方が集まってくれて、大盛況だった。

1回目のテーマは「第一印象」
第一印象を如何に良くするか、
第一印象を良くする為の要素等について扱った。
Feliceで美味しいモーニングを食べ、
語り合った後の勉強会だった。

DVC00150.jpg

とても充実した時間だった。
EMSは月1回8:00~9:30まで行われる。
元々の発端は青木社長からの提案だった。
「佐藤さんはダイナミックアドバンスコースを担当し、
アドバンスコースを受けると、佐藤さんの研修をなかなか受ける機会が
受講生はなくなってしまうので勉強会でもやってみたらどうですか?」
という提案を頂いた。

とても嬉しい提案だった。
アドバンスコースが終わってしまうと多くの方が帰ってくるのはアシスタントである。
それまでなかなか関わりがない。
もっともっと肌身で身近に受講生の皆様と関わりたいという思いがあったので、
とても良い機会を頂いたと思った。
そこで倉光玄さんを始め、何人かの方にお話をさせて頂き、
第1回目の開催の運びとなった。

2回目は6月15日 午前8:00~9:30まで。場所はFelice
朝食代だけでなたでも参加できますので沢山の方に参加をして頂きたいと思っています。
15日のテーマは「基本的欲求の満たし方」です。
楽しみにしていてください。

DVC00131.jpg

そしてまた合わせて私は明日からフロリダで行われるASTDに参加してきます。
新しい研修商材や研修の考え方等についてしっかりと勉強してこようと思っています。
15日の勉強会にはその情報も合わせて提供させて頂けたらと思っています。
皆様にお会いできること楽しみにしています。

2011年5月17日 11:28 嬉しい報告

アチーブメントの研修の受講生の前澤 貴昭さんが訪ねてきてくださった。
嬉しい報告があるということだった。

2010年度ジブラルタ生命社長杯コンテストにおいて、6060人中16位。
そして東京地区営業本部チャンピオンになることが出来たということだ。

そして更にエジソン生命営業管理職会議において
ジブラルタ生命保険営業代表者としてスピーチをしたということだ。

すなわちプルデンシャルグループ(プルデンシャル生命、ジブラルタ生命、スター生命、
エジソン生命)において個人保険で保険金額が第1位だったということだ。

前澤さんはアチーブメントで学び続けて5年。
アチーブメントの学びを通して職務責任、仕事の本質、自分自身の役割を
しっかりと認識でき、具体的な成果につながり続けているという。

CIMG0691.JPG

最近は忙しくてなかなかアシスタントをすることが出来なかったが、
アチーブメントの研修の受講生にももっともっと貢献をしていきたいと言う。
今後アシスタントにも出来るだけ入っていきたいと言っていた。

誠実な人柄、そして燃えるような情熱、彼を突き動かしているのはもっともっと
人の役に立ちたいということだ。

彼は現在31歳。まだ私の人生の半分。
どんな60歳になるだろうか。
考えただけで楽しくなる。
どうか日本の保険業界をリードしていってほしいと心から思う。
嬉しい報告でした。

CIMG0689.JPG

2011年5月10日 21:08 JPSA山陰支部

5月7日土曜日、鳥取県米子市でJPSA山陰支部主催スペシャルワークショップが行われた。
このワークショップは本当にすごいワークショップだった。
何よりすごいのはそのスケジュール。

午前10時から午後13時までは小学生向け子供研修。
その後、午後14時から午後15時までは
大人向け選択理論の適応及びアチーブメントテクノロジーの勉強会。
2011050711590000.jpg

そして、15時10分からは中高生向けワークショップ。
タイトルは「自分の価値に気付く」。

その後、19時から21時半まで社会人の為のタイムマネジメント研修。

そして22時から会場を移し、別会場にて24時まで今度は
アチーブメントのスタンダードコース以上を受けてくださった方への勉強会。
テーマは「問題解決」。
朝10時から午前24時までぶっ通しだった。
2011050719430000.jpg

午後14時ごろ昼食を食べた後、24時まで食べ物、飲み物なしの勉強会だった。
この1dayワークショップの企画はJPSA山陰支部。
実際の企画運営に戸田信吾支部長。
戸田 美佐江副支部長はまったく携わっていなかった。
全てメンバーが自主的に企画し、集客し、そして運営をした。

私も1年に数回しか米子に行くことができない。
アチーブメントテクノロジーと選択理論を全てを吸収しようという
強い想いからこの勉強会が企画された。

JPSA山陰支部の素晴らしいコミットメント、少しでも地域に貢献したいという想い、
そしてここから地域を良くしたいという想いに強く心が打たれた1日だった。

1日の中で小学生、中学生、高校生そして大人を相手にしたのは初めてだった。
特に3時間での子供研修は初めてだ。
しかしそれでも感謝状の授与式は大感動で涙涙の修了式だった。


このような機会を作ってくださったJPSA山陰支部の皆さんに
心から感謝をし、また心からエールを送りたい。
素晴らしい支部活動をされていることにも大きな感銘を受けました。
共に力を合わせてアチーブメントテクノロジーと選択理論を普及していきましょう。

2011050723380000.jpg

2011年5月 6日 11:09

ゴールデンウィークは皆様どのように過ごされたでしょうか。
私は妻の実家である弘前市に妻と末娘と一緒にかえりました。

CIMG0657.JPG

5月の連休に弘前に行くのは結婚してから初めて
弘前のゴールデンウィークといえばまさに桜が満開である。
特に弘前公園は桜で有名だ。

CIMG0643.JPG

もともと弘前城は、津軽統一を成し遂げた津軽為信によって
建てられた城である。
260年間、津軽藩政の中心地だった。
明治28年(1895)に、弘前公園として開放され、昭和27年(1952)には、
史跡に指定されている。
CIMG0654.JPG

明治末期ごろから市民による桜の寄贈が盛んになり、現在は、
ソメイヨシノやシダレザクラ、八重桜など約2,600本余りの
桜が園内を埋め尽くしている。
まさにゴールデンウィークは桜が満開。
本当に見事だった。
公園全体が桜で埋め尽くされていた。
ただ今年は震災の影響かお客様が3割ほど少ないという。
しかしながら入場券の1部を義援金として援助することになっていた。

桜の命ははかない。約2週間ほどだ。
1年に一度思い切り花を咲かせ、そして散っていく。
見事な桜を見ながら改めて桜のように精一杯人生を生ききっていきたいと思った。

6月28日~29日にかけてプロフェッショナルフィードバックトレーニングプログラム
が行われる。
この研修はベーシックプロスピーカーに向けて行われるもので、
シニアプロスピーカーになる為には必ず受ける必要があるものだ。

フィードバックはファシリテーション、プレゼンテーションの
基礎にあるもので、選択理論的なフィードバックが出来ることを
目的とした研修だ。

今回は1日間の研修として既にシニアプロスピーカーなられている方を
対象にに行われた。
参加してくださった方はシニアプロスピーカーの
島田 実さん、山本欣子さん、尾花 明美さん、成澤 一枝さん、
加藤 秀視さん、浅利 美千代さん、日比野 淳治さんの7名である。

現在アチーブメントではエグゼクティブプロスピーカーはいない。
シニアプロスピーカーはまさにプロスピーカーの頂点の皆様だ。

今までピークパフォーマンスコースをはじめ、様々研修に入り、
多くの受講生の育成に尽力をしてくださった。
それだけではなく、現場でも、支部活動の立ち上げ、サポートに
尽力をしてくださっている皆様だ。

まさにアチーブメントの受講生を支えてきてくださった皆様だ。
彼らと一緒にフィードバックの本質を学ぶ1日を過ごした。
上質な空間だった。
現場で成果をつくっていらっしゃること。
更に学ぶ姿勢が素晴らしいこと。
その上で、もっと良くなりたい、もっとい良いものをつくっていきたいという
意欲の高い皆様。
アチーブメントのセミナーを受講し続けてくださっているだけでなく、
様々な方に応援を送ってくださっている皆様である。

研修は感動の連続、私も豊かな気持ちで研修を提供することができた。
心から感謝。
サブトレーナーとして加わってくれた大高トレーナー、商品開発の中山君にも
心から感謝です。

そして今後更にシニアプロスピーカー、エグゼクティブプロスピーカーが
誕生していくことを心から祈りたい。

CIMG0642.JPG

コメント

CIMG0765.JPG