2011年8月アーカイブ

本当に面白かった。

CIMG1029.JPG

KIRINで学んだマーケティング思考と経営」という本を一気に読んだ。
著者は阿部 洋己先生。
阿部先生は1961年キリンビールに入社し、小岩井乳業株式会社の役員出向を経て、
キリンビバレッヂの代表取締役を勤められた。
その間FIREや生茶を開発し、同社の1部上場を果たしている。
会社は社長の器以上にはならないと出だしから始まるこの本にぐいぐい引き込まれていった。
経営とはどうあるべきかが自らの体験を通して本当に分かりやすく、実践的に述べられている。
特にファイヤーや生茶の開発プロセスは本当に生々しく、尚且つワクワクしながら読ませて頂いた。
以前私は10年ほどキリンビールで管理職研修をさせて頂いたので余計身近に感じた。

昨年より阿部先生はアチーブメントで「実践理念経営塾」という講座を担当してくださっている。
本の中で中小企業こそ理念経営が大事と説いている。
経営者が本気で理念経営をしようとするところに一体感が生まれ、
従業員は働く気概を感じる。
従業員にとって経営理念というのは自分の会社がどれだけ社会に
貢献できているかという裏づけである。

中小企業が健全に成長していくには理念浸透が最も大事だと述べている。
事例が豊富で具体的で吸い込まれるようにぐいぐいと読ませる。
経営者としての自分自身を見直す良い機会となった。
多くの経営者の方にお勧めします。

CIMG1027.JPG
先日エイローイブニングセミナーが行われた。
いつもエイローモーニングセミナーで月に1回朝8:00から行われているが
今回私の都合で夜になった。まずは全員で食事をした。
今回の勉強会のテーマは「メンタルブロックの突破の仕方」。

CIMG0988.JPG

これはまさに私がダイナミックアドバンスコースでお伝えしているものである。
どのようにしてメンタルブロックを突破し、そして新しい自分自身の成長を作り出していくか。
どのようにしてチャレンジしていくか。ということがテーマだ。
私自身の体験を交えて「エイロー式メンタルブロックの突破法8つの方式」
を提案させて頂いた。
どれも私が日々考え、行い、実践しているものばかり、基本は全てスタンダードコース。


月1回続くEMS。私にとってとても充実している時間だ。
次回のEMSは9月30日。
モーニングセミナーで午前8:00から9:30まで。
沢山の方のご参加を是非お待ちしています。
「次回は、何について、お伝えしようかな?」

CIMG0970.JPG

2011年8月23日 16:00 お墓参り


父のお墓参りに行ってきた。
父が亡くなったのは13年前の12月6日。81歳だった。
父は北海道の網走で農家を営み、50歳で農家をたたみ、
それから友人の伝を頼って金沢に行き、紡績工として働いた。
そして65歳の時に福島に移り、今度は掃除夫として働き、
81歳で病に倒れた。父親は本当に働き者だった。
そして家族に対してはとても優しかった。
とても読書家で時間があると、いつも本を読んでいたのを覚えている。

CIMG0961.JPG

父親のお墓に手を合わせながら
家族のこと、子どものこと、会社のこと、私自身のこと。
様々な報告をさせて頂いた。
母親は現在86歳。もうすぐ87歳になる。
とっても元気。
いつも朝4時から7時まではストレッチやウォーキングやスクワットなど
様々な運動をしている。悪いところはどこもなく、
頭もとってもクリア。
お袋に言わせれば運動することが自分の仕事だという。

お袋も北海道にいた頃は、お金もなく、大変経済的に苦労していた。
しかし今は本当に悠々自適な自分なりの楽しい人生を生きている。
お袋に会うと必ず言われる言葉。
「身体を大切にしなさいね」「憲子さんを大切にしなさいね」
そして私はいつも答える。
「分かってるよ。母さん」
お袋には100歳まで生きてもらいたいと思う。

CIMG0965.JPG

東京セントラル支部の倉光玄さんが中心となり、
一大イベントが行われます。

CIMG0944.JPG

すなわち「プレゼンによって世界を変える」(i-EDA東京)
というものです。
EはEmotion、DはDesire、AはAction。
来る8月25日に行われます。

各界代表する著名人や被災者の皆さんの想いのたけを
プレゼンテーションします。

これから日本をどうしていくのか。
どのようにして変えていくのか。
プレゼンテーションが行われます。
東日本大震災を東松島市で被災した高校生も参加します。
何度も何度も倉光さん達が東松島市に出かけていって
高校生にプレゼンの練習をして頂いています。

プレゼンターはアチーブメントの卒業生がほとんどですが
多くの方がプレゼンテーションします。
ここではまた日本大震災の義援金募金活動をカナダで集めた大学生も
参加するということです。
多くの方の善意によって開かれるイベントです。

プレゼンテーションはまさに力です。
プレゼンテーションは影響力です。
どうかこのイベントに多くの方がご参加なさいますようご案内致します。



*********************************************************************************************

人は人によって磨かれる
時に人は人の想いによって人生を大きく変えることがある
プレゼンテーションで世界を変えるために生まれたi-EDA
それは、愛から始まるEmotion、Desire、Action。

◆時間
2011年8月25日(木)13:00~16:30(開場:12?:30)

◆場所
五反田文化センター音楽ホール
(東京都品川区西五反田6-5-1)

◆費用
500円(税込)
全席自由席(定員248名)

◆内容
各界を代表する著名人や一線級の実践者が想いのたけをプレゼンテーションします。
今回は東日本大震災を東松島市で被災した高校生も参加し、テレビでは報じられなかった現実と、
多くを失ったどん底の中で気づいた大切なものを伝えてくれます。
また、東日本大震災の義援金募金活動をカナダで集めた大学生もメッセージを抱えて駆けつけてくれます。

◆プレゼンター
松島有佑
リーベリアル株式会社 代表取締役 男塾

鴨頭嘉人
サービスハピネスクリエイター

高木礼衣Bio 代表

島崎広彦
株式会社オープンアームス 取締役

小泉尊史
シンガーソングライター

宮崎奈穂子
株式会社Birthday Eve シンガーソングライター

山下建
石巻西高等学校(東松島市にて東日本大震災を被災)

雫石悠登
石巻西高等学校 生徒会長(東松島市にて東日本大震災を被災)

ジャックカバナー
Western Ontario大学 大学生(カナダより東日本大震災被災者へのメッセージ大使)

宮本ゆかり
環境NPOエコエナジープロジェクト理事長

◆申し込み
※リンク先はアチーブメント株式会社ではなく、外部のサイトになります。

いよいよエグゼクティブプロスピーカーが誕生した。
丸山 直樹さん。
約4ヶ月間にわたり、エグゼクティブプロスピーカーの試験が
行われてきたが、先日私と青木で最終面接をさせて頂いた。
そして合格。丸山直樹さんは8年間アチーブメントで学び続けて
くださっている。

アシスタントに入る件数ももう数えられないぐらい。
ダイナミックコース、ダイナミックアドバンスコースだけでも
40回以上アシスタントに入ってくださっている。
そしてJPSA南東京支部支部長としても活躍。
多くの人財育成に貢献してくださっている。
また現在アチーブメント株式会社の企業研修のトレーナーとしても
活躍してくださっている。

人柄的にも大変素晴らしく、まさに全プロスピーカーの鏡と言える人だ。
今回シニアプロスピーカーからエグゼクティブプロスピーカーになった。
心からお祝い申し上げたい。
おめでとうございます。
今後とも宜しくお願い致します。

CIMG0957.JPG

いよいよ札幌で第1期リーダー育成プロジェクトが始まった。

CIMG0954.JPG

このコースのコンセプトは「人づくりは北海道から」というもの。
このコースを企画主催したのは株式会社さくらコミュニティサービス
代表取締役である中元 秀昭社長。

中元社長は北海道で介護のお仕事をしていらっしゃる。
アチーブメントのスタンダードコース、ダイナミックコース、
ダイナミックアドバンスコース、ピークパフォーマンスコースを
受講され、是非北海道の地元でもっと能力開発できる機会を作りたいと
いうところから企画を作られた。

そして北海道でスタンダードコース以上を受けられた方がなかなか
東京に学びにくるというと時間も大変なのでスタンダードコースを
受けた以上の方に学ぶ場を提供していきたいということで作られた。

リーダー育成プロジェクトの目的は「人づくりは北海道から」
すなわち北の大地で人財を育成し、将来の北海道経済を担う、
北海道を背負っていくいうような人財を育成していこうというもの。

先週末第1回目が行われた。
この研修は2ヶ月に1回、約1年に亘り行われる。
19名の方にご参加頂いた。
19名の方々と1年間共に自らリーダーとなるべく、勉強をしていく。
私も北海道の網走出身。
北海道の人財育成に関して力を是非発揮していきたい、そして貢献して
いきたいと思っている。
JPSA札幌支部の金井 稔支部長も全面的に協力してくれている。

CIMG0955.JPG

先週末145期ダイナミックアドバンスコースが46名で行われた。
アドバンスコースのディレクターは渚知子さん。
渚知子さんは約6年半に亘り、ダイナミックアドバンスコースのディレクターとして、
素晴らしい貢献をしてくださった。

CIMG0949.JPG

私は今まで沢山のディレクターと仕事をしてきたが、
渚さんはピカイチのディレクターだった。
参加者に対する強い想い、参加者の成長から妥協しないその姿勢、
細かい事務的なことに対する正確な知識と行動力。
いずれをとってもとても素晴らしかった。
私は渚さんのおかげで100%研修に集中することができた。

渚さんがいよいよ先週の145期のダイナミックアドバンスースで
現場でディレクター行うのは基本的には最後となった。
今度はディレクターの責任者として後身を育てていく。

そして146期、今週のダイナミックアドバンスコースからいよいよディレクターとして
デビューするのが山本麻由さん。

CIMG0951.JPG

山本麻由さんは2007年度に入社したコンサルタントである。
人柄的にも参加者に対する想いに対しても、私は絶大な信頼を寄せている。
渚さんの後継者に山本麻由さんを指名させて頂いた。

ダイナミックアドバンスコースは更に進化を続け、ますます参加者のお役に立ちたいと思う。
これからのダイナミックアドバンスコースを更に楽しみにしていてください。
尚、渚さんはダイナミックコースの担当ディレクターとしては今後も行っていきますので
宜しくお願い致します。

2011年8月 8日 13:54 小春


二ヶ月ほど前に妻がいきなり犬を飼いたいと言いはじめた。

なんでもたまたま自由が丘のペットショップに寄ったところ、
かわいい犬が沢山いてほしくなったのだという。

妻の話によると最初オスを飼いたい、名前はB郎とつける。
なぜかというと私が英郎(A郎)なのでB郎とつけて私がほとんど
家にいないので代わりに犬をかわいがるということだった。

そして今日買いに行くという日。
一番下の娘の玲(大学一年生)と買いに行くことにしたという。
昼ごろ私の携帯電話にメールがきた。

犬を飼ったとかわいい犬の写真が大写しになっていた。

CIMG0932.JPG

メッセージにはこうあった。
「自由が丘に行ってオスを飼うつもりでしたが、途中の石川台で
小さなペットショップに寄ったところとてもかわいい犬がいた。
ちょっと抱っこしてみたら、もう離れられなくなったのでこの犬にする。」
姓はメス。名前は玲が「小さな春」で「小春」と名づけた。

その日の夜家に帰ると早速小春がいた。
一目見てぞっこん。惚れ込んでしまった。
なんてかわいいんだろう。かわいくて、かわいくてしょうがない。
妻は、我が家の子どもは1男2女であるが、3女だと言いはじめた。

それ以来は我が家は犬中心となった。
私が遅くても小春は帰ると玄関に迎えに来てくれる。
また出かけるときにも玄関へ送り出してくれる。
しっぽをいっぱい振って抱きついてきて本当にかわいい。

気持ちが癒される。
小さい犬であるが我が家族に及ぼす影響力は絶大。
犬中心の家庭になってしまった。

CIMG0930.JPG

2011年8月 3日 19:54 90人目の合格者

日JPSAベーシックプロスピーカー最終試験が行われた。
まなご 貴紀さんが見事合格した。

CIMG0917.JPG

素晴らしいプレゼンテーションだった。
選択理論とアチーブメントテクノロジーに明確な確信を持っており、
そこから生きているというプレゼンテーションだった。

彼はプルデンシャル生命でお仕事をされていらっしゃるが、
史上最年少でMDRTにも入会し、素晴らしい家族をつくっていらっしゃる。
感動的なプレゼンテーションで見事合格。
これで90人目のベーシックプロスピーカーとなった。
1000分の1プロジェクトは残り、910人となった。

そして当日更に素晴らしい出来事があった。
それはシニアプロスピーカーが久しぶり誕生したのである。
合格者は早瀬徹さん。
JPSA湘南支部の支部長である。

CIMG0918.JPG

シニアプロスピーカー試験は1次試験、2次試験と約1ヶ月間にわたり行われ、
3次試験最終面接が行われた。そして見事合格したというわけだ。
シニアプロスピーカーは合計12名となった。

お二人には夜18:00から始まった研究会でもプレゼンして頂いた。
本当に素晴らしいプレゼンテーションでした。
どうか多くの方がさらにベーシックプロスピーカー、シニアプロスピーカー
にチャレンジしてくださることをお待ちしております。
心からお祝い申し上げます。
おめでとうございます。

2011年8月 1日 19:44 アチキッズ in 大阪

7月28日・29日においてアチキッズin大阪が行われた。

2011072910480000.jpg


小学校1年生から高校3年生までの63名の子どもさんが参加してくださった。
本当に感動、感動の連続だった。
特に卒業式では子どもさん達が研修中に親に対して書いた感謝状を読んで
渡す場面がある。

その言葉を聴いてむしろ大人である私達の方が沢山学ぶことができる。
純粋な子ども達の気持ち、素直な子ども達の気持ち、ストレートな感謝の気持ち、
大人になってからも決して忘れてはいけないことだ。
現在アチキッズでは約1時間ではあるが、小学生の子どもさん達の夏休みの宿題を
加速させるという実習がある。中学生や高校生のお兄さん、お姉さんが大活躍する場面だ。

それにしても思ったことは小学生でもこんな難しい問題やるの?ということ。
算数の問題なんか小学校6年生の問題で解けない問題もいくつもあった。


8月9日・10日はいよいよ東京アチキッズ。
沢山の皆様のご参加をお待ちしております。

2011072911090000.jpg

コメント

CIMG1027.JPG