2011年9月 8日 08:56 面白かった本

今日は私が最近読んで面白かったと本を紹介したいと思います。
特にアチーブメント出版から本当に素晴らしい本が
出ていますので紹介します。

皆さんは毎月に平均何冊ぐらい本を読まれますか?
私は平均すると5冊~10冊です。
ほとんど2冊のタイプの違う本を同時並行で読むことが多いです。
違うタイプの本を同時並行で読むと頭の細胞がとっても活性化される気がします。
そんな中で何冊か紹介しましょう。

まず「一生折れない自信のつくり方」青木仁志著。

CIMG1031.JPG

自信は何かを成し遂げる時の原動力です。
何かを成し遂げたいと思ったとしてもそれに対する自信があるか、ないかによって
まったく結果が違ってきます。
どうしたら自信を持つことができるんでしょう?
生活の中でどのように自信をメンテナンスしていけばいいのでしょうか。
ということがこと細かく書かれています。
私はこの本をいろんな研修の中で引用させて頂いています。
まさに自信のつくり方の決定版です。

そしてさらに「一生折れない自信のつくり方 実践編」も素晴らしい本です。

CIMG1032.JPG

この本の中にはワークシートが沢山載っていて、自分で自分自身を見つめなおす
ことができるようになっています。
具体的なワークシートに落とし込んでいくことによって、自信が確かなものに
なっていくことを感じます。またこの実践編には一生折れない自信のつくり方の
特別講演会のCDが付いていますので本当にお得です。


同じ青木仁志著の「一生続ける技術」も素晴らしい本です。

CIMG1033.JPG

何かに関して良い成果を得ようと思うのであれば続けることは不可欠です。
でも多くの人は続きません。続けるだけでも価値があります。
そして何らかの素晴らしい成果が生まれるものです。
「願望は強い、意思は弱い」からこの始まる本はどのようにしたら続けることができるのか
という極意が記載されています。
皆さんは今までご自分で続けてきたなと思うこと何がありますか?
私は、能力開発の仕事を30年続けています。
妻を心から愛することも結婚してから26年ずっと続いていると思います。
身体のストレッチは毎日毎日朝30分、これは5年ほど続いています。
英語の勉強は2年半ほど続いています。
  この本から、沢山学んでいます。
この本の中には続けることのテクニックが満載です。
是非お勧めします。


次に「松下幸之助から未来のリーダーたちへ」という本も素晴らしい本でした。

IMG_0425.JPG

この本は私にとって経営をしていくことに対し、大きな気づきを与えてくれました。
なぜ松下幸之助は成功したのか。
それは確固たる経営理念を持ち、それを全従業員に伝え、浸透させたこと。
この本の中には「企業は公器」という考え方から自主責任経営や衆智を集めた全員経営、
あるいはガラス張りの経営、適材適所経営、ダム経営といった松下幸之助さんの
経営のやり方がとてもわかりやすく書かれています。
更に人に対する見方に対しても誰でもダイヤモンドの原石のように磨けば無限の
可能性をもっているという人間観が紹介されています。
本当に共感します。彼のように器の大きい人間になりたいと改めて思います。



更に「頂点を目指す者たちへ」という本も是非読んで頂きたい本です。

CIMG1034.JPG

この本はプロスキーヤー、冒険家の三浦雄一郎さんと青木社長との対談で成り立っています。
この本はとても面白かったです。
一生が冒険であり、一生が挑戦。一つ頂点に立てば、また次の頂点を目指す。
まさに頂点を目指す決意からそれをどのように育んでいくのかということが
対談の中で余すところなく述べられています。
この中で「ザ・ファースト」という言葉が紹介されています。
すなわち技術的にどんな優れた人であったとしても名はなかなか残すことはできません。
何事も一番最初の人は名を残すことができます。
この人を「ザ・ファースト」と言います。
私は何を最初に達成することが出来るのでしょうか。
私が歴史に名を残すことが出来るとしたらなんなんだろうと深く考えさせられました。
沢山の勇気をもらった本です。



次に株式会社フォーバル代表取締役会長の大久保秀夫氏の

CIMG1035.JPG

成功の本質はやり方よりもむしろ在り方であるという観点からこの本は書かれています。
本当にそうだと思います。この本の中で改めて会社は何の為にあるのか、
企業は何の為にあるのかを考えさせられました。
私は企業は1にも2にも社員の幸せの為にあると考えています。
社員を幸せにしない会社など存在する意味がありません。
いかに昨日よりも今日社員を幸せにするかということが目的です。
会社を通して幸せになった社員は世の中の人に幸せを伝えていきます。
会社は株主の利益の為にあると考えている人もいますが、そうではないと思います。
幸せな社員こそが素晴らしい仕事をし、お客様に素晴らしい貢献をし、
株主にきっちりと配当できる会社になっていくのです。
社員の不幸のもとに利益だけ上げ、株主に配当しても、
そのような会社は長く続くわけがありません。
何の為に人は存在し、組織はあるのかということを深く考えさせられた本でした。


そして次に「解病 ~病気から解放される生き方~」も是非お勧めします。

CIMG1038.JPG

この本は著名な心臓外科医南和友先生が書かれた本です。
私は健康オタクで健康に関する本は沢山読んできましたが、
この本は本当に面白かったです。
私達が知っておくべき病気はたった5つだと言っています。
「脳」「血液」「がん」「代謝」「心臓」。
しそして病気にならない身体をどうつくるのかということが余すところなく述べられています。


さらに阿部 洋己先生の「KIRINで学んだマーケティング思考と経営」。

CIMG1036.JPG

私は長い間キリンビールで研修をさせて頂いた経験があるので本当に
親しみをもって読むことができました。
キリンビールがなぜ多くの人から支持され、愛され続けているのかその秘訣が分かりました。
キリンビールは大企業ですが、中小企業は大企業から学び、大企業も中小企業から
学ぶ必要があると著者は説いています。
この本からマーケティング思考の経営を学ぶことができました。


最近のアチーブメント出版は本当に面白いと思います。
皆様にお勧めです。

CIMG1030.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.achievement.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1921

コメント(1)

英郎先生、おはようございます。
私の強みの一つには、継続力があります。

アチーブメントで学び初めてもう7年目になります。
早起きが好きで(朝が好き?)1年365日、早起きしてます。これは研修効果です。

花を贈るのが好きになりました。(これも研修効果)
アチーブメントで学ぶようになってから、
行きつけの(馴染みの)飲み屋は一軒もできてませんが、
馴染みのお花屋さんが3軒もできました。

そして、この英郎先生のブログへのコメントも継続しています。
もう丸4年欠かさずにコメントしています。
多分、英郎先生がブログを止めたら、私の習慣が狂って体調を崩すと思います。

これからもよろしくお願いします。
ありがとうございます。

コメントする

コメント

取締役ブログ①.jpg