2012年3月アーカイブ

ベーシックプロスピーカー一次試験の最終審査を行っている。

CIMG1958.JPG

ベーシックプロスピーカー試験は一次試験と二次試験に分かれている。
一次試験は映像と論文を送って頂き、第一次審査員は大高シニアトレーナーだ。
大高シニアトレーナーは全参加者の映像を5.6回見る。徹底している。
彼が合格と言ったもののみ私のところにくる。
そして私のところで一次試験の最終合格者が決まる。

一次試験に合格された方はアチーブメント本社に来て頂く。
二次試験は論文試験とプレゼンテーション試験である。
論文試験は事例形式で行われ、いかに選択理論的に生きているかが問われる。
そして普段からの選択理論への具体的な取り組みが問われる。

プレゼンテーション試験は私と青木会長の前で30分間のプレゼンテーションを
行っていただく。

アチーブメントでは1000分の1プロジェクトを進めている。
このプロジェクトは日本中から1000人のベーシックプロスピーカーが誕生し、
そして日本中で講演したり、あるいは現場で選択理論やアチーブメントテクノロジーを
活きてくだされば、日本からいじめと差別と虐待がなくなるという青木の理念から
スタートしている。

是非ベーシックプロスピーカーの試験にチャレンジして頂きたい。
チャレンジするそのプロセスこそが大きな成長を作り出す。
ベーシックプロスピーカーに合格された方は全てそのチャレンジによって
素晴らしい価値を得てくださっている。
目指すこと、目標を持つことは成長を作り出す。
沢山のチャレンジをお待ちしています。

2012年3月22日 10:42 感謝


3月19日は青木社長の57回目の誕生日でした。
夜六本木ヒルズで誕生日パーティーが行われました。
250名の青木社長の友人がお越しくださいました。
沢山の方がお祝いをしてくださいました。
本当にこれだけ多くの方がアチーブメントに関わってくださっていること、
そして学び続けてくださっていること、各方面で活躍してくださっていることに感謝です。

最後に青木社長が専務である奥様を紹介されていました。
お金がまったくなく、借金が沢山あった時、変わり者の自分と一緒になってくれた。
そのことに対して心から感謝している。
今までずっと自分を支えてくれた。
このことに本当に感謝していると会場は感動とそして優しさに包まれました。
また25年ずっとアチーブメントを支えてくださっている弁護士の大谷先生、
立正大学の柿谷教授の紹介もありました。
人を大切にすること、恩を忘れないこと、これが青木社長の愛だと改めて思いました。
 
パーティ終了後場所を麻布に移して、青木社長から社員に対して「ありがとう」を伝えたい。
というパーティが行われました。
青木社長からここまでこれたのは皆さんのおかげです。ありがとう。
そんな挨拶があった後、パーティが行われました。
その中でサプライズがありました。
全社員から青木社長にプレゼントがあったのです。
青木社長の最新著「勇気の書」にちなんで「感謝の書」が送られました。
これは全社員が青木社長に感謝のメッセージとそして自分と青木社長とのとっておきの
写真を載せた感謝の書です。それを読まれた社長は本当にありがとう。
感謝していますと涙を流されました。
 
CIMG1915.JPG

アチーブメントは素晴らしい会社です。
感謝の想いに包まれた1日でした。
青木社長、あらためておめでとございます。
これからも宜しくお願い致します。

CIMG1907.JPG

2012年3月17日 10:29 勇気

何かを成し遂げるためには必ず勇気を発揮しなければなりません。
ではどんな時私たちは勇気を発揮することが出来るのでしょうか。

青木社長の新著「一歩前に踏み出せる勇気の書」にはこう書いてあります。
見通しがあれば自分から主体的に代償を払う。
苦痛感情を受け入れることができる。
完結のイメージが描ければ乗り越えることができると。

秘書室の坂木智美さんと色んな話をしました。
坂木さんに聞いてみました。
最近一番勇気を発揮したことは?
坂木さんは言っていました。
秘書検定1級にチャレンジし、そして1年間かけて勉強して合格したときだと。
坂木さんは2008年に入社しました。
そして現在社長秘書をしています。
その中で彼女は秘書として卓越しようと決め、秘書検定1級を目指しました。
そして1年かけて見事合格しました。
ハードな仕事をこなしながら、秘書検定の勉強をすることは大変だったと言います。
でもそれをちゃんと受け入れ、合格した後どれだけ社長に貢献できるかということを
イメージすることが出来たので、まったく苦しくなかったと言います。

「勇気の書」にはこうも書いてあります。
人は誰でも強くなれる。
そしてその為の方法は相手に尽くすことだと。
坂木さんはなぜ1年間の秘書検定の勉強をやり遂げることができたのでしょうか。
それは青木社長に貢献したい、尽くしていきたいという想いがあったからだと言います。
本当に秘書の鑑です。

勇気の書を読んで私も様々ところで自己評価が起きています。
私には人に尽くすというところが足りないなと思っています。

2012年4月6日から勇気の書出版記念講演会が始ります。
沢山の方が勇気を頂けるはずです。

そして日本中の方が勇気を持って一歩踏み出すことが出来たら
日本はもっともっと良くなると思います。
どうか大切な人と一緒にお越しください。

CIMG1835.JPG
14日(水)17時~20時までの間20社限定で、無料ワークシヨップを開催します。

テーマは「どのようにして現状を打破し、組織発展を創り出していくか?」
良い組織をつくっていく上で組織風土、社員のマインド、技術力、採用力、あるいは
総合的な組織力などが必要になってくる。
この実践型ワークショップでは冷静に自社の問題がどこにあるのかということを見つめ直し、
そして飛躍的に向上させていくにはどうしたらよいかということを具体的にお伝えさせて頂きます。
お互いに意見交換をし、そして実習を通して学んでいきます。
どうか組織力を向上させたいという皆さんのご参加をお待ちしています。
参加資格は経営者または役員の方々です。参加費は無料となっております。
当日一緒に現状打破、組織発展を考えましょう。
お待ちしております。

CIMG1826.JPG

▼お申込みはこちら

2012年3月 8日 14:11 3つの壁突破法in仙台

3つの壁突破法の講演会が行われます。
3月13日。会場はせんだいメディアテークです。
「思考の壁 」「行動の壁」「成果の壁」をどうすれば乗り越えることができるのか。
私の実体験から皆様に熱いメッセージをお伝えします。
3月13日は、ダイナミックコースディレクターの渚 知子さんの誕生日でもあります。
渚さんも会場にお伺いします。
渚さんいわく自分にとって最大のプレゼントは沢山のお客様だと言っています。
是非沢山の方がいらっしゃること、お待ちしております。
東北の皆様に、お会いできること楽しみにしています。
私の熱いメッセージを聞いてください。

CIMG1823.JPG


****************************************************************************
 テーマ:成果が変わる!3つの壁突破法
日時:仙台:2012年3月13日(火)18:30~20:30 (受付)18:00
会場:仙台:せんだいメディアテーク
定員:仙台:180名
参加費:一般チケット  2,980円(税込 開催日一週間~開催日前日11時まで) 
****************************************************************************

2012年3月 7日 11:58 大高 弘之さんの新処女作

大高さんがとうとう本を書かれました。
『セールスの王道~会う前に8割の勝負は決まっている~』(ぱる出版)
大高さんはアチーブメントでセールストレーナーとして活躍されています。
セールスに関して青木社長のDNAをもっとも受け継いでいます。
私も読まさせて頂きました。
実のある素晴らしい本です。

大高さんはプルデンシャル生命にてMDRT(MDRTは、Million Dollar Round Table)として
活躍されていました。2002年よりアチーブメント株式会社に入社し、トップセールス、
トップコンサルタントとして活躍。現在はトレーナーとして活躍されています。

「どのようにしたらセールスにおいて大きな成果をあげることができるのか」
事細かに大高さんの実体験から書かれています。
そして彼は最終的には言っています。
営業力とは人間力である。人間力とはなにか、人柄であり、人格である。
究極はその人の内面からあふれ出るものものです。
そしてトレーニングによって人間力は鍛えられると言っています。
まさにセールスの王道です。
実際にこの本はアチーブメントのスタンダードコースの復習にもなります。
またアチーブメントで伝えている様々なメッセージを大高さん流に噛み砕いています。
これから成果をあげたい、営業で結果をつくりたいという全ての皆様におくります。

CIMG1821.JPG
青木社長の35冊目の書。

一歩前に踏み出せる『勇気の書』発刊。
どうしたら自ら行動を起こし、最高のパフォーマンスを発揮できるのか。
どうしたら未知なる世界に対する恐怖を克服し、チャレンジできるのか。
28万名以上のの研修実績に裏づけされた行動力を高め、成果を生み出す
秘訣満載だ。

この本は第6章からなっている。
第1章 一歩踏み出す勇気を手に入れる
第2章 勇気が発揮できない本当の理由
第3章 成果を出せない受け身な人
第4章 何かに打ち込める豊かな人
第5章 パフォーマンスを生み出す人間関係
第6章 ぶれない生き方を確立する

青木社長と傍で仕事をさせて頂いてつくづく思うことだがまったくぶれない
ということだ。
 
誠実で、そしてひたすらに、自分自身の志を貫こうとする生き方に私は心から共感を覚える。

青木社長は言う。
 人間は元々不完全な存在、弱い存在、それが大前提。
だから、一歩踏み出すことが大切だと。
私たちが望む人生を手に入れる為には必ず誰もが勇気を発揮しなければ
なりません。
どうしたら勇気を発揮でき、望みの人生を手に入れることができるのでしょうか。
自らあらゆる艱難、辛苦を乗り越え、人生を切り開いてきた青木社長だからこそ、
書くことができる本です。
 
成功したいと望む全ての方に送ります。
私もこの本から本当に多くの勇気を頂きました。

CIMG1814.JPG

コメント

CIMG1958.JPG