2012年3月17日 10:29 勇気

何かを成し遂げるためには必ず勇気を発揮しなければなりません。
ではどんな時私たちは勇気を発揮することが出来るのでしょうか。

青木社長の新著「一歩前に踏み出せる勇気の書」にはこう書いてあります。
見通しがあれば自分から主体的に代償を払う。
苦痛感情を受け入れることができる。
完結のイメージが描ければ乗り越えることができると。

秘書室の坂木智美さんと色んな話をしました。
坂木さんに聞いてみました。
最近一番勇気を発揮したことは?
坂木さんは言っていました。
秘書検定1級にチャレンジし、そして1年間かけて勉強して合格したときだと。
坂木さんは2008年に入社しました。
そして現在社長秘書をしています。
その中で彼女は秘書として卓越しようと決め、秘書検定1級を目指しました。
そして1年かけて見事合格しました。
ハードな仕事をこなしながら、秘書検定の勉強をすることは大変だったと言います。
でもそれをちゃんと受け入れ、合格した後どれだけ社長に貢献できるかということを
イメージすることが出来たので、まったく苦しくなかったと言います。

「勇気の書」にはこうも書いてあります。
人は誰でも強くなれる。
そしてその為の方法は相手に尽くすことだと。
坂木さんはなぜ1年間の秘書検定の勉強をやり遂げることができたのでしょうか。
それは青木社長に貢献したい、尽くしていきたいという想いがあったからだと言います。
本当に秘書の鑑です。

勇気の書を読んで私も様々ところで自己評価が起きています。
私には人に尽くすというところが足りないなと思っています。

2012年4月6日から勇気の書出版記念講演会が始ります。
沢山の方が勇気を頂けるはずです。

そして日本中の方が勇気を持って一歩踏み出すことが出来たら
日本はもっともっと良くなると思います。
どうか大切な人と一緒にお越しください。

CIMG1835.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.achievement.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2549

コメント(1)

英郎先生、おはようございます。
坂木さん、かっこいいですね。

今、私も試されてます。勇氣をだすために。。。
多くの批判も受けます。傾聴するように努力しています。
苦しいです。

私は意固地になっているのだけなのか?
それとも、夢を叶えようと頑張っているのか?

『信念』がはっきりすれば、恐れを小脇に抱えて
勇氣が発揮できるのかなぁ、、、などと思ってます。

先生に会いたいです。
いつも、ありがとうございます。

コメントする

コメント

取締役ブログ①.jpg