2012年4月アーカイブ

現在157期ダイナミックアドバンスコースが進行している。
アドバンスコースは、
その人の真価本領を発揮して頂くこと、目的を明確にして頂くこと。
自分の限界を打破していただくことが目的だ。

私にとっては青木がスタンダードコースで伝えているメッセージを
受講生の方に体験を通して深く体感してもらう最後の機会だ。
力が入る。
研修中1人1人よく注意深く観察する。
そしてこの人の可能性ってなんだろう。
この人がもっともっと成長していく要因はどこにあるだろうか。
成長していく要素はどこにあるだろうか。
この人が改善したほうがいいところはどこだろうか。
そんな風にその人を見ているとその人の様々な可能性やその人の力が見えてくる。

ダイナミックアドバンスコースは午前9時から始まって
午後の23時や0時に終わる長丁場の研修だ。
しかし参加してくださっている方にとってはあっという間に終わる研修だ。
それは自分自身の限界に挑戦し続けるからだ。

今回アシスタントにも素晴らしい方が参加してくださった。
心から感謝だ。
アチーブメントで学び続けてくださっているアシスタントの皆さんを
心から誇りに思う。そして感謝の気持ちで一杯だ。

受講生の皆さんどうか自分自身の可能性から妥協しないで。
アドバンスコース、ピークパフォーマンスコース、そしてJPSAさらに
再受講と学び続けて自分の可能性を次々と実現していって
ほしいと思います。今日は3日目。私にとっても残されたわずかな時間です。
アドバンスコースが終わると受講生とお会いできることはほとんどありません。

したがって様々な感情が沸き起こってきます。
一期一会。この言葉を胸に刻み、最善を尽くそうと思っています。

photo.jpg

2012年4月10日 13:36 最優秀支部賞

45日から8日までの4日間グアムに行ってきた。埼玉支部の皆さんと一緒だ。

この旅行は、昨年度JPSAアワードの最優秀支部賞の副賞になる。

私とコンサルタントの河合君が同行した。素晴らしい旅だった。

グアムの海でシュノーケリングをしたり、泳いだり、ゴルフをしたり、

散歩をしたり、バーベキューを行ったり、本当に楽しく内容の充実した

4日間だった。

 

この旅行を通して埼玉支部の皆さんの強い結束を感じた。

支部の制服(ポロシャツ)を着て毎夜私の部屋に集まって、

夜遅くまでディスカッション・意見交換をした。

1つは人生について、1つは感謝など、テーマはそれぞれであったが、

夜遅くまで続いた。

そして改めて支部活動を通して、アチーブメントテクノロジーと選択理論を

普及していこうという確認があった。

 

特に3日目には感動的なサプライズがあった。

主要メンバーの比良さんご夫妻が結婚して21年経っているが、諸事情があり、

結婚式を挙げることができず、なおかつ新婚旅行に行くことも出来なかったそうだ。

そこで今回の旅行を新婚旅行とみたて、かつ結婚式も簡易的なもので

ありながら行おうとメンバーが頑張った。

 

バーベキュー大会の中で、たくさんの方がいらっしゃる中、

比良さんの奥様とご主人の承認が行われた。

奥さんにはウエディングドレスを着ていただいた。

そしてご主人から21年の感謝の手紙が読まれた。大きな感動だった。

聞いているJPSA会員の皆も涙を流し、奥様も泣かれていた。

本当に感動的な瞬間だった。

このことを企画した尾花支部長にも心から敬意を表したいと思った。

 

そもそもJPSAの目的はアチーブメントテクノロジーと選択理論の普及である。

最優秀支部賞は、それにもっとも力を注ぎ、

そして成果を作ってくださったというご褒美である。

大事なことは勉強会をきちっと定期的に行うこと、

そして勉強会にどれだけ新人が、新規が入ってくださるかということ。

その新規で来てくださった方が、最終的にスタンダードコースを

受講してくださるということ、さらにベーシックプロスピーカーを育成すること。

これが私たちの普及である。

これらの勉強会を通して、会員の相互研鑽がきちっと積まれていることも大事だ。

 

今年も113日文化の日にJPSAコンベンションが行われる。

ぜひ埼玉支部に続いていただきたいと思った。

埼玉支部の皆さん、本当にご苦労様でした。感謝いたします。


saitama.JPG

2012年4月 4日 18:20 新しい年度の始まり

4月2日から新しい年度が始った。
アチーブメント株式会社では第25期下期が始ったということになる。
皆様のおかげで25期上半期は素晴らしい成果を残すことができた。
特に3月は過去最高の成果をつくることができた。
本当にお客様のおかげです。心から感謝を申し上げたい。

2日間のキックオフは感動感動の連続だった。
まず4月2日には入社式が行われた。
2万人以上の中から選ばれた13名の社員が入社してくださった。
そしてその後は各部門から上半期の振り返り、下半期のコミットメントが
様々なパフォーマンスと共に述べられた。
改めてその中で思ったことはアチーブメントは本当に素晴らしい会社だということだ。
アチーブメント株式会社はまぎれもなく今1つになっている。
青木を中心として理念を通していく、教育を通して社会を良くしていくという
目的が1つになっている。全ての社員が目的の為に行動している。
それぞれの役割は違う。セクションも違う。それぞれの目標もある。
しかし共通していることは全て会社のミッションの為に、
会社の目的の為に行動しているということだ。

CIMG2009.JPG

青木は良く言う。
ひとりでできないことを成し遂げる為に組織があると。
まさアチーブメントは今組織になっている。
キックオフを通して感じたことは改めてアチーブメント株式会社を
世界最高峰の研修コンサルティング会社にしようというものだ。
そして少しでもアチーブメントの考え方や選択理論を世の中に普及していくことに
これからも命をかけていきたいと思った。

青木は40期までやると言う。
40期というと青木は72歳になる。私は76歳だ。
私は生涯現役を標榜している。特に体力、知力は70歳でピークにもっていきたいと
日々トレーニングに励んでいるのでこれからの自分自身に対しても期待している。
お客様、どうかアチーブメントの下半期に期待してください。
皆様に貢献していきます。

CIMG1979.JPG



コメント

photo.jpg