2012年4月10日 13:36 最優秀支部賞

45日から8日までの4日間グアムに行ってきた。埼玉支部の皆さんと一緒だ。

この旅行は、昨年度JPSAアワードの最優秀支部賞の副賞になる。

私とコンサルタントの河合君が同行した。素晴らしい旅だった。

グアムの海でシュノーケリングをしたり、泳いだり、ゴルフをしたり、

散歩をしたり、バーベキューを行ったり、本当に楽しく内容の充実した

4日間だった。

 

この旅行を通して埼玉支部の皆さんの強い結束を感じた。

支部の制服(ポロシャツ)を着て毎夜私の部屋に集まって、

夜遅くまでディスカッション・意見交換をした。

1つは人生について、1つは感謝など、テーマはそれぞれであったが、

夜遅くまで続いた。

そして改めて支部活動を通して、アチーブメントテクノロジーと選択理論を

普及していこうという確認があった。

 

特に3日目には感動的なサプライズがあった。

主要メンバーの比良さんご夫妻が結婚して21年経っているが、諸事情があり、

結婚式を挙げることができず、なおかつ新婚旅行に行くことも出来なかったそうだ。

そこで今回の旅行を新婚旅行とみたて、かつ結婚式も簡易的なもので

ありながら行おうとメンバーが頑張った。

 

バーベキュー大会の中で、たくさんの方がいらっしゃる中、

比良さんの奥様とご主人の承認が行われた。

奥さんにはウエディングドレスを着ていただいた。

そしてご主人から21年の感謝の手紙が読まれた。大きな感動だった。

聞いているJPSA会員の皆も涙を流し、奥様も泣かれていた。

本当に感動的な瞬間だった。

このことを企画した尾花支部長にも心から敬意を表したいと思った。

 

そもそもJPSAの目的はアチーブメントテクノロジーと選択理論の普及である。

最優秀支部賞は、それにもっとも力を注ぎ、

そして成果を作ってくださったというご褒美である。

大事なことは勉強会をきちっと定期的に行うこと、

そして勉強会にどれだけ新人が、新規が入ってくださるかということ。

その新規で来てくださった方が、最終的にスタンダードコースを

受講してくださるということ、さらにベーシックプロスピーカーを育成すること。

これが私たちの普及である。

これらの勉強会を通して、会員の相互研鑽がきちっと積まれていることも大事だ。

 

今年も113日文化の日にJPSAコンベンションが行われる。

ぜひ埼玉支部に続いていただきたいと思った。

埼玉支部の皆さん、本当にご苦労様でした。感謝いたします。


saitama.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.achievement.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2559

コメントする

取締役ブログ①.jpg