導入事例

Case

株式会社ニコンシステム様 社員研修導入事例

会社は社員の自己実現の舞台
社員の自己実現が会社の未来を創り出す

プロフィール

株式会社ニコンシステム
株式会社ニコンシステム様
管理本部 管理部 今井 眞紀 様
精密機器やソフトウェアの開発を広範囲に亘り担ってきた株式会社ニコンシステム。創業から25年を経て、世情の変化に合わせ、組織文化にも変化が現れだしました。激化する競争に勝つために、今一度組織文化を見直し、社員一人ひとりの自己実現に目を向け、企業としてさらなる発展を目指します。今回、会社組織としての成果だけでなく、ひとりの人間として豊かな人生を送ってほしいという経営陣の思いを形にすべく、キャリアプラン研修の導入に踏み切りました。
管理本部 管理部 今井 眞紀 様
会社名 株式会社ニコンシステム
http://www.nikon-sys.co.jp/別サイトへ
本社所在地 東京都品川区西大井1-6-3
株式会社ニコン 大井製作所内
設立 1986年 資本金 5,000万円 (株式会社ニコン100%出資)
従業員 572名(2010年4月1日現在) 事業内容 半導体・液晶製造装置などの
制御ソフトウェアや画像処理技術関連の
ハードおよびソフトウェアの開発・研究、
および業務系統合情報システム構築

導入のきっかけ

社員一人ひとりの自己実現の先に発展がある

弊社は株式会社ニコンの子会社として、工場における製造ラインや精密機器の制御、画像データに関する技術などを中心に、ハードから各種ソフトウェアの開発および研究まで、広範囲に亘って技術開発に取り組んできました。近年の技術革新のスピードは実に速く、最新かつ高度な技術と知識の習得が逐次求められています。また、世相を反映し、社内に成果主義の風潮が見受けられるようなところがありました。成果主義がはびこると社内の人間関係にも亀裂が生じますし、人として豊かな人生を送ることもできないと思います。それに、今後さらなる技術革新の波に立ち向かうには、全社を挙げてより協力やチームワークといったものを引き出していく必要があると考え、各々の主張をくり返すだけではなく、互いの理解を深め、力を合わせていくこと、その第一歩として、自分がどういう人間なのか、どういう人生を送りたいのか、改めてふり返る機会が必要だと考えました。
研修の対象として設定したのは、45~46歳の社員です。世代的には〝中年の危機〟などと言われますが、生物学的に、また能力的にも限界が見えてくる一方で、親の介護といった問題も浮上する時期でありながら、会社では全力で働くことを求められ、かなりの責任を背負う立場にあります。そうした時に、今一度自分の人生を自分で舵取りできているのか、ふり返ってほしいと考えました。本当は子どもと向き合いたいのに仕事を理由にできなかったというのであれば、それは本人にとっても会社にとっても不幸だと思うのです。人生は自ら選択しているのだという自覚を持つことで、組織に所属しながらも、自分という個をないがしろにしない生き方を選択できることを知ってもらいたい、それぞれの自己実現の先に真の会社の発展があることを伝えたいと考えていました。

導入の成果

社員の特性に合わせ、心に訴えかける研修を

アチーブメントに依頼した理由は、研修の基礎に選択理論があることでした。数ある心理学のなかでも選択理論のアプローチは会社という組織との相性がいいのではないかと常々考えていました。また、社員のほぼ全員が技術職にあたり、ロジックを重視する傾向にありますので、理論に頼らずに、心に訴えかけられる力量を持ったトレーナーを求めていました。何より、じっくり自分について考える時間を持ってもらうことが研修の趣旨でしたので、講義中心のスタイルにしました。それだけに、いかにトレーナーに受講生を引き込んでもらえるかが研修の成否を分けるとも言えたのです。
担当の大杖トレーナーは、ご自身が積み重ねてきた豊富な人生経験からくる本質的なお話や体験談といったエピソードを自然に盛り込んでくださり、研修というと身構えてしまいがちな社員の心が解きほぐされ、信頼関係を築き上げることができたという実感があります。研修の冒頭で目的意識や全体勝利について考えるゲームを行ったのですが、そこで社員がぐっと引き込まれていきました。自分たちの理想と現実のギャップに気づいたのですね。そういった体験学習を経て大杖トレーナーのお話があったので、非常に入りやすかったと思います。自分の人生を生きるという意味で、受講生一人ひとりが理念の発表を行ったのですが、普段見られない一面を垣間見ることができ、お互いの背景を知り、理解することで、組織や同僚に対する思いを深めることができました。担当の和泉さんには、こうしたヒューマン系の研修に慣れていない上、技術職といった特性を持つ社員のことをよく理解し、弊社向けにカスタマイズした研修を提案していただけ、満足しています。

講師を務めた大杖正信
▲ 講師を務めた大杖正信。
豊富な経験で受講生を引き込む。

今後に向けて

社員の心を尊重する研修で成果を目指す

会社という組織に所属しながら、自己実現を果たし、公私ともに充実した日々を送ってほしいという思いひとつではじめた研修です。弊社の代表も会議などの合間を縫って研修のほとんどをオブザーブしていました。技術系の研修ではないので研修の効果はゆっくりと現れてくるでしょう。それでもこうした機会を提供してくれた経営陣の思いを汲み取って、社員自らがお互いを尊重し、ともに成果に向かって歩んでいくことができたらと思っています。受講生の感想も、「よいタイミングで受講できた」「また受けたい」といった肯定的なものがほとんどでした。次回の開催は今年の秋ごろを予定しています。研究・開発の技術を磨きながらも、心も磨いていくため、同研修を継続して実施していく予定です。

管理部のみなさま
▲ 管理本部 管理部のみなさま

コンサルタントの声

和泉 大(いずみ・ひろし)
アチーブメント株式会社 トレーニング&コンサルティング部
組織変革コンサルティングチーム マネジャー/コンサルタント
今、大企業において40代から50代の中堅社員がどれぐらい仕事に主体的になれるかがひとつのテーマとなっています。特に管理職でない方は仕事に対してモチベーションが上がらず、若手の育成に対しても消極的になる方も出てきます。そんななか、今回の研修は社員の自己実現に焦点を当て、自分の人生の目的は何か、またどんな生き方をしていきたいかをじっくりと考える時間を持ち、その上で仕事にどう取り組んでいくのかを考えてもらいました。人は自己評価でしか変わりません。また目的目標がなければ主体的にもなれません。このふたつを実現し、かつ従業員視点に立った研修を実施できたことは、担当の今井様が展示会にまで足を運んでよい教育を探し求めた努力の結果です。今後も今井様とともに良質な教育を提供してまいります。
トレーナー・コンサルタント紹介
和泉 大(いずみ・ひろし)
導入事例一覧
体験セミナー アチーブメントでは社員研修の体験セミナーを定期開催しております。 体験セミナー確認へ
Check!
資料請求・お問合せ
お問合せはお電話、
またはお問合せフォームから承っています。 サービスなどの資料請求はこちら

お問合せはこちら 0120-000-638 受付時間 10:30~17:00(月曜日~土曜日)

お問合せ

お薦め書籍
クオリティ・カンパニー
クオリティ・カンパニー別サイトへ
著者:青木仁志
不況下でも成長を続ける理念経営
資本金500万円、5名で創業した企業が
無借金経営を継続し、新卒エントリー2万人超の人気企業へ――
お薦め書籍
もうひとりの自分と出会う50のエンパワーメントメッセージ
もうひとりの自分と出会う50の
エンパワーメントメッセージ別サイトへ

著者:大杖正信
大杖正信のトレーニングで最も定評のある『モチベーション』、『コミュニケーション』、『リーダーシップ』といった3つのテーマで...
  • メールマガジン好評配信中!!
  • 基礎理論紹介
  • 書籍紹介
  • ビジネス手帳
  • 採用情報
  • 人事用語集

PageTop

アチーブメント株式会社は、創業30年目の人材育成・人事コンサルティング企業として、人材育成や採用に関する人事課題を数多く解決してまいりました。
人材採用、人材育成、組織開発は、組織の発展に不可欠です。アチーブメントは、これからも人材育成・人事コンサルティングのリーディングカンパニーを目指して精進してまいります。

サービス
導入事例
体験セミナー
コラム
会社情報
その他