コラム

Column

人事応援通信コラム

人材育成トレンド情報や最新のコンサルティング事例、体験セミナー情報などをお届けする人事コラムです。

管理職に求められる「人間力」とは?

お世話になっております。
アチーブメント人事応援通信事務局でございます。

最近のニュースでは、
IoTやAIといった言葉を毎日のように耳にしますね。

昨年10月、マツダのIoT工場でロボットの寿命を
1.6倍~2.5倍に長寿命化した技術の裏には
IoTで集めたデータを“生かす”「人間力」があった、
という記事が取り上げられていました。

IoTやAIが発達し、様々な役割がロボットに代替されていく中で、
私たち人間には何が求められていくのか。
このことは「人」を扱う管理職にとっては、
特に考えていかなければならないテーマでしょう。

企業の人事担当の方とお話をしていると、
「あの管理職は人間力がない」
「人間力を高めていくことがリーダーの条件だ」など
「人間力」という言葉はよくでてくるキーワードでもあります。

そこで今回は、【管理職に求められる「人間力」って何?】
というテーマで情報をお届けしたいと思います。

 
「人間力」とはどのような意味を持つ言葉でしょうか。
その意味するところは非常に幅広く曖昧です。

実は、2003年に内閣府が「人間力」という言葉を定義しています。

その定義によると、人間力とは、

【社会を構成し運営するとともに、
 自立した一人の人間として力強く生きていくための総合的な力】

となっています。非常に広い意味合いです。
内閣府は更にこの「人間力」を
下記の3つの要素に分けて考えています。

 ―――――――――――――――――――――――――
  1.知的能力的要素
    →基礎能力・専門能力
  2.社会・対人関係力的要素
    →コミュニケーションスキル・人を巻き込む力
  3.自己制御的要素
    →1と2を発揮するための意欲や忍耐力
     成功を追求する力
 ―――――――――――――――――――――――――

人間力には、上記3つの要素が必要ということなのですが、
HRの世界で「人間力」という言葉が使われる場面を考えると、
2の「社会・対人関係力的要素」の意味合いで
使われていることが多いように感じます。

管理職に「知的能力的要素」や「自己制御的要素」があっても、
それを部下に指導し、巻き込むコミュニケーションスキルがなければ
組織を率いていけず、責任は果たせません。
だからこそ、管理職には「社会・対人関係力的要素」の意味合いで、
「人間力」の向上が求められるのです。

部下を介して成果をつくることが求められる管理職には、
コミュニケーションスキル・人を巻き込む力がもちろん必要です。
正論をかざしても人が動いてくれるわけではありませんし、
時にはその人にとって不利益になることも伝えていかなければなりません。

そのような中で、管理職に求められる人間力とは、
【「あの人が言うのであれば!」と思ってもらえる力】
なのではないでしょうか。

何を言うのかも大事ですが、誰が言うのかも非常に大事です。

たとえ部下にとって面倒な依頼だとしても、
「あの人が言うのであれば」と思い、部下が動いていく。

この能力の差が、管理職の能力の差となり現場の成果に現れます。
周りを巻き込めない限り、管理職が対応できる仕事は一人分です。
しかし、周りを巻き込み、組織を動かしていくことのできる管理職は
対応できる仕事量が数倍~数十倍になっていくのです。

どのような管理職であれば、
「あの人が言うのであれば!」と思ってもらえるのでしょうか。
また、そう思ってもらえるように管理職には、
日ごろからどのような部下との関わりが求められるのでしょうか。

「人間力」という観点から、
管理職のコミュニケーションを見直してみるのもよいかもしれません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆無料体験セミナーのご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 弊社では、管理職に共通するコミュニケーションのポイントを
 学んでいただけるマネジメント研修の体験会を企画しております。

 周りを巻き込み、組織を動かすために
 必要なコミュニケーションとは?
 部下から「あの人が言うのであれば!」と思われる
 管理職はどのような関わりをしているのか?
 管理職育成にヒントをぜひご参加ください。

 ●マネジメント研修体験セミナー≪4月28日開催≫
  ~目標達成と部下育成を両立するマネジャーを育てる~
  http://www.achievement.co.jp/corp/seminar-list/20170428

 体験セミナー一覧はこちらをご覧ください。
  http://www.achievement.co.jp/corp/seminar/

 本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

人事応援通信メールマガジン

  • エイロー式 マスターコーチの「超・マネジメント術」
  • 大杖正信のモチベーションエンパワーメント メッセージ
  • 中小企業のための人材採用の成功法則
セミナー アチーブメントでは社員研修の体験セミナーを定期開催しております。 セミナー確認へ
Check!
資料請求・お問合せ
お問合せはお電話、
またはお問合せフォームから承っています。 サービスなどの資料請求はこちら

お問合せはこちら 0120-000-638 受付時間 10:30~17:00(月曜日~土曜日)

お問合せ

お薦め書籍
クオリティ・カンパニー
クオリティ・カンパニー別サイトへ
著者:青木仁志
不況下でも成長を続ける理念経営
資本金500万円、5名で創業した企業が
無借金経営を継続し、新卒エントリー2万人超の人気企業へ――
お薦め書籍
もうひとりの自分と出会う50のエンパワーメントメッセージ
もうひとりの自分と出会う50の
エンパワーメントメッセージ別サイトへ

著者:大杖正信
大杖正信のトレーニングで最も定評のある『モチベーション』、『コミュニケーション』、『リーダーシップ』といった3つのテーマで...
  • メールマガジン好評配信中!!
  • 基礎理論紹介
  • 書籍紹介
  • ビジネス手帳
  • 採用情報
  • 人事用語集

PageTop

アチーブメント株式会社は、創業30年目の人材育成・人事コンサルティング企業として、人材育成や採用に関する人事課題を数多く解決してまいりました。
人材採用、人材育成、組織開発は、組織の発展に不可欠です。アチーブメントは、これからも人材育成・人事コンサルティングのリーディングカンパニーを目指して精進してまいります。

サービス
導入事例
セミナー
コラム
会社情報
その他