コラム

Column

大杖正信のモチベーションエンパワーメントメッセージ

講師歴25年を誇る大杖正信が、朝礼のネタなどでも使えるモチベーションを高めるメッセージをご紹介します。

Vol.92 「男と女のコミュニケーション」

どうしたら、男女間のコミュニケーションをよりよくし、幸せな男女関係、
夫婦関係、家庭を作り出すことができるのでしょうか?

今回のテーマは
・コミュニケーションの目的
・ルール
の二つです。

この二つは男女関係はもちろん、人間関係においても
とても重要なポイントです。

まず、コミュニケーションの目的。

人は、何かの目的があって人とコミュニケーションをします。

それは、自分の欲しいものを手に入れるという場合もあれば、
自分の欲しい感情を手に入れるという事もあるし、
相手を素晴らしい気持ちにしてお互いに幸せになるという
場合もあるでしょう。

いずれにしろ、本来は目的があるはずです。

ですが、多くの人が目的があってコミュニケーションをしているのに、
その本来の目的を得られない。

幸せになりたいと思いながらケンカをしてしまう。

その理由は、その本来のコミュニケーションの目的を明確にしていないし、
意識していないからです。

本当は相手に自分を理解してほしいし、自分に注目してほしい。
なのに、それを素直に言えなくてイヤミを言ったり、意地悪をしてしまう。

あるいは、売り言葉に買い言葉で、目的を忘れ感情のままに
コミュニケーションをして、幸せになるどころか相手も自分も傷つけてしまう。

そんな事はありませんか?
そして目的は果たされず、得たい結果は得られない。

自分が欲しい結果や目的をもっと意識していたら、
きっと違うコミュニケーションやアプローチをしたはずなのに。

コミュニケーションにおいて、後で後悔する人は後を絶ちません。

多くの場合、先に目的を明確にし、その目的を意識してコミュニケーションを
図る事で、大きく改善することが出来ます。

男女関係で言えば、コミュニケーションの目的は幸せになる事。
もっと言えば、自分も相手も素晴らしい気持ちを感じる事。

であれば、
“自分が素晴らしい気持ちになる事”
と同じくらい

“相手を素晴らしい気持ちにする事”
が重要です。

でも、それを忘れて、自分が素晴らしい気持ちになる事ばかりを優先して
しまえば、当然おかしなことになってしまうわけです。

そして、“相手を素晴らしい気持ちにする”上で重要になるのがルール。

一緒にいる時間が長くなったり一緒に暮らすと、
相手と自分の違いがだんだん出てきます。

それは、料理の味の好みの違いからトイレットペーパーのセットの仕方の
違いまで、いろいろと違いが気になる。

その時に、
「私のルールはこうだから、これからこうして」
と相手に自分の“普通”、ルールを強要する人がほとんどです。

料理の味付けやトイレットペーパーの向きくらいだったらまだ良いですが、
だんだんその要求はエスカレートして、

「なんで、こうしてくれないの?」
「なんで、そうするの?」
と相手の一挙手一投足が気になり、相手を変えようとする。

でも、それって自分のルールや価値観を相手に押し付け、
相手の人格を否定し、相手を無理矢理変えようとしているのと同じです。

相手の人格を否定し、自分のルールを押し付けて、
自分の思い通りにコントロールする。
まるでどこかの独裁国家と同じです。

普通にテレビや新聞で見たら「非道徳だ」と批判する人でも、
自分は個人や家庭レベルで、自分の都合でやっている人は
少なくありません。

そんな関係が幸せで楽しいはずはないし、うまく行くはずもない。

そう思いませんか?

でも、一緒に生活する以上は、どこかで折り合いをつけないといけない。
二つトイレットペーパーを設置するのも無駄だし、
二種類の味付けで作るのも大変。

では、どうしたら良いのか?

重要なのは、
「相手を受け入れる」
という事。

つまり、自分のルールを少なくして、相手をありのままに受け入れるという
ことです。

無理に相手を変えようとしない事です。

そして、お互いのために何かを変える必要がある場合でも、
行動と人格を一緒にしない事。

相手の行動で相手の人格を否定しないこと。

相手が片付けができないのが気になったからと言って、
「だから、お前はだめなんだ。」

と人格まで攻撃しない事。
「いつもいつも、前もこうだった、うんぬんかんぬん・・・」

と目の前の事象と関係ないことまで引き出して
自分のストレス発散のために相手を攻撃しない事。

単純に、よりお互いが快適に生活できる空間にするために
どうしたら良いかを考えたり、話し合えばいいのです。

相手が片付けが苦手だという事を受け入れたうえで、
どうしても生活に支障があるなら、相手の許可を得て自分が
片付けるのも一つの解決策かもしれません。

そうすれば、自分も気持ちいいし、相手も嫌な気持ちにはならない。
むしろ、片付けてくれて感謝されるかもしれない。

でも、それも自分の思い込みではなく、
相手とコミュニケーションをきちんとして理解し合う事が大切なのです。

そして、この目的とルールの話は、男女間だけでなく、
子育てや親子関係、全ての人間関係に言えることです。

関係が近ければ近いほど、目的を忘れ、「わかってくれて当たり前」
という気持ちになり、自分のルールを相手に押し付けてしまいがちです。

コミュニケーションの目的を意識してコミュニケーションをする事。
自分のルールを相手に押し付けない事。
自分のルールを少なくしていくこと。

ぜひ、この二つを実践してよりよい男女関係、よりよい人間関係を手に入れてください。

大杖正信
著者:大杖正信 アチーブメント株式会社 エグゼクティブトレーナー
Profile
アチーブメント株式会社エグゼクティブトレーナー。マネジメント研修、コーチング研修などを中心に講師を務め、年間の研修日数は200日を超え、リピート率は100%を記録。トレーニング歴25年のベテラン講師である。
プロフィール詳細
Book
エイロー式・好かれる人の「超・会話法」
もうひとりの自分と出会う50のエンパワーメントメッセージ別サイトへ
  • エイロー式 マスターコーチの「超・マネジメント術」
  • 中小企業のための人材採用の成功法則
  • 人事応援通信コラム
セミナー アチーブメントでは社員研修の体験セミナーを定期開催しております。 セミナー確認へ
Check!
資料請求・お問合せ
お問合せはお電話、
またはお問合せフォームから承っています。 サービスなどの資料請求はこちら

お問合せはこちら 0120-000-638 受付時間 10:30~17:00(月曜日~土曜日)

お問合せ

お薦め書籍
クオリティ・カンパニー
クオリティ・カンパニー別サイトへ
著者:青木仁志
不況下でも成長を続ける理念経営
資本金500万円、5名で創業した企業が
無借金経営を継続し、新卒エントリー2万人超の人気企業へ――
お薦め書籍
もうひとりの自分と出会う50のエンパワーメントメッセージ
もうひとりの自分と出会う50の
エンパワーメントメッセージ別サイトへ

著者:大杖正信
大杖正信のトレーニングで最も定評のある『モチベーション』、『コミュニケーション』、『リーダーシップ』といった3つのテーマで...
  • メールマガジン好評配信中!!
  • 基礎理論紹介
  • 書籍紹介
  • ビジネス手帳
  • 採用情報
  • 人事用語集

PageTop

アチーブメント株式会社は、創業30年目の人材育成・人事コンサルティング企業として、人材育成や採用に関する人事課題を数多く解決してまいりました。
人材採用、人材育成、組織開発は、組織の発展に不可欠です。アチーブメントは、これからも人材育成・人事コンサルティングのリーディングカンパニーを目指して精進してまいります。

サービス
導入事例
セミナー
コラム
会社情報
その他