人事チーム×専務合宿

合宿ラッシュが続いていますが、7月5日~6日には人事チームの合宿が行われました。

人事の方針、採用、育成、活用、文化づくり・・・
様々な観点から現状の組織の状況を踏まえ、何が問題でそれをどう解決するのか
という議論を徹底的に行いました。

やはり普段と環境をガラッと変えて、一気に抱えているものを出し切るということは大事ですね。
仕事の本質に今一度立ち返り、「私たちが会社の明日を作っているのだ」という感覚を改めて持つことができました。

そんな「当事者意識」を全ての社員が持つことが非常に大切です。

第35代アメリカ大統領のジョン・F・ケネディは
スピーチの中で、

「国家があなたに何かをしてくれるのかを考えるのではなく、あなたが国家に何をできるかを考えなさい」

と言ったというのは有名ですが、まさにこの言葉にある通りだなと感じました。

「もし自分と同じ国民ばかりの国だとしたら、その国家は発展するだろうか?」
と考えること。

「もし自分と同じ社員ばかりの企業だとしたら、その企業は発展するだろうか?」

そしてその当事者意識を実行レベルに落とし込むには、

「自分の担っている仕事の核となる職務は何か?」という問いに対して、明確な答えを導いていく必要があります。

そしてその核となる職務が根ざしている土台を常に理解する必要があります。

今回であれば、アチーブメントの経営手法である理念経営にある「理と利の統合」という部分。
ここをはずさずに人材戦略を実行していかねばならないと感じました。

企業理念の具現化は組織の目標達成によってのみ、証明される訳ですから、
理念、理想、道理への共感はとても大切ですが、それと同等に利益、利潤、営利を生み出せる力を持てる組織にしていくための施策を考えまさに「理と利の統合」を可能にする、採用、育成、活用を行っていかなければならないと感じています。

とにかくタスクリストが膨大に出ましたので、しっかりとやりきっていかなければなりません。
人事部門の成長は会社にとっても最も重要な事項の一つです。

月別アーカイブ

  • 2016年採用サイト THE FIRST(ザ・ファースト)
  • アチーブメント新卒採用公式facebookもチェック!
  • 学生向け 組織活性化プログラム ソリューション
  • アチーブメント代表の青木が語る2014採用 遂に開催決定! トップライブ
  • LEADER'S GATE ~達成者たちが見る世界~|アチーブメント2017年度新卒採用