2006年8月21日 19:52 努力は決して嘘をつかない

物事を成就させるには、何が一番必要なのでしょうか。
私は一貫した努力が全てだと思います。
むしろそれ以外には何もないと言ってもいいかもしれません。
たとえ才能があったとしても、努力を怠れば決して成就することはありません。
今まで様々な企業や公開研修で多くの方と出会ってきましたが、
確かに才能はあるなと思われる人はいました。
しかしそういう人が必ず成功しているかというとそうではありません。
むしろ才能に溺れてしまって努力を怠り、望む人生を生きていない、
そういう人たちを沢山見てきました。

偉人の輝く業績は、全て努力の賜物です。
能力は努力によってますます磨かれます。
かのエジソンは成功の秘訣はと聞かれたときに1%のインスピレーション、すなわち才能と99%のパースピレーション、汗だと答えています。
だから、一度はじめたことは決してやめないということが大切です。
最初はうまくいかなくても、あらゆる創意工夫をし
努力の上にさらに努力を重ねていくことが大切だと思います。

高校野球では昨日、駒澤大学苫小牧(南北海道)と早稲田実業高校(西東京)の決勝戦が行われました。
私は北海道の網走出身です。
だから当然苫小牧を応援し、何とか3連覇遂げて欲しいと思い、テレビの前に座りました。しかし見ているうちにだんだん気持ちが変わってきました。
早稲田実業の斎藤選手のすごさ。しかも1人で3連投。
特に最終15回のあのピッチングは圧巻でした。
斎藤投手も駒大苫小牧の田中投手の両選手とも譲らず、まさに死闘と言って良い戦いでした。

北海道はもともと野球の弱い地域です。
冬は雪に覆われてしまって野球の練習どころではありません。
早稲田実業も、まだ一度も夏の大会で優勝していません。
彼らがここまで来ることができた背景には、どれ程の努力と精進があったことでしょう。

「努力は決して嘘はつかない」という言葉があります。
両校の戦いを見ているうちに、最初は駒澤大学苫小牧を応援していましたが、早稲田実業にも本当に頑張って欲しいという思いでいっぱいになりました。
両方とも負けるな、なんとかならないものか。

そして延長15回。1-1の引き分け。
37年ぶりの決勝再試合となりました。
そして、今日、決勝再試合。
早稲田実業が初優勝。
斎藤投手は4連投でした。
両校とも、本当におめでとう。
沢山の勇気をもらってしまいました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.achievement.co.jp/mt/mt-tb.cgi/528

コメント(3)

人生とは、求め、努力し続けることであると気づかせて頂きました。本当にありがとうございました。

アドバンスコースではお世話になりました。
日曜日に早速小さな成果を作れました。
これからこつこつがんばります。

高校野球の決勝戦もいつもと違う視点で見られたような気がします。
努力は決して嘘をつかない。本当にそうだと思いました。
私も大きな勇気を高校球児からいただきました。

やっぱり継続は力なりということですね。すこしづづでも着実に毎日前進するため、頑張っていきたいと思います。へこむことは多いんだけど。。

コメントする

コメント

取締役ブログ①.jpg