2006年8月30日 11:12 最も信頼する歯医者さん

私が最も信頼する歯医者さんは、谷中先生ご夫妻です。
谷中先生は八王子で歯科医院を開業しています。
アチーブメントの研修を全て受講してくださり、
アシスタントも何度もしてくださっています。

このお二人のお嬢さん、ゆきちゃんとまみちゃんも
去年に引き続き今年もアチキッズに参加してくれました。
本当に愛くるしくて素直な素晴らしい子供さんです。
私は歯についてはいつも谷中先生にご相談しています。

谷中先生の病院までは遠いので、近くの歯医者さんに通っていますが、
ある時谷中先生から
「佐藤先生、綺麗な歯をしていますねぇ。噛み合わせも素晴らしいし
とても良い歯をしています」
と言われ、とても嬉しかったです。
私は歯の定期健診は欠かしません。
3ヶ月に一回歯医者さんに通い、歯垢を全部とってもらいます。
80歳で20本の歯を残すことが目標です。

その私が7月中旬に左上の歯を一本抜きました。

しかし、それから再び歯医者さんに通う時間がなく、そのまま放置していました。
それからしばらくして、谷中先生にお会いしたとき、こう脅されました。
「上の歯を抜いたまま放置していると、
下の歯がだんだん上の歯の位置まで上がってきて、
肩こりや頭痛、場合によっては心臓も悪くしますよ」

まさかと思っていましたが、それが現実になったのです。
8月も仕事が忙しく、歯医者に行く時間を取れません。
次第に肩こり、頭痛、そして時々心臓がバクバクするようになってきました。
私はもともと肩こりはないほうですし、心臓も丈夫だと思っていますが
特に肩こりがひどくなってきました。
先生の言ったとおりになってしまったのです。
そしてとうとう昨日近くの歯医者さんに行きました。

歯医者さんの帰りにすぐ谷中先生に電話でご報告しました。
「先生、歯を入れるんですが、どれが良いでしょうか?インプラント、ブリッジ、差し歯・・・差し歯でも保険が効くものもあれば、セラミックを使った10万円のものもあります」
「保険が効く差し歯で十分です。奥の方で見えないし、それにしてください」
「分かりました。そうします」
と私は即答。

それにしても歯の噛み合わせから 体の様々なところに障害が起きることを知りました。
歯は大切だということを痛感した一日でした。

谷中先生、ぜひ五反田で開業してください。お願いします!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.achievement.co.jp/mt/mt-tb.cgi/531

コメント(1)

佐藤英郎先生、先生のブログに私たち家族を登場させていただいてありがとうございました。娘たちは、昨年アチキッズに参加させていただき、自分が大好きポジ娘になりました。私たち夫婦は、アチーブメントの研修を通して失っていた目的目標をつかむことができました。家族が同じ方向を向くことができました。感謝いたしております。
さて、問題の噛み合わせですが、噛み合わせの不具合が体にいろいろと影響いたします。例えば、肩こり、頭痛、腰痛、目の疲れや首が回らなくなるといったことは、よく起こることです。噛み合わせの状態によっては、心臓がバクバク感じたりすることも観察されます。すべて歯が原因というわけではありませんが噛み合わせを軽く見ていると人生を狂わせます。
歯を詰めたり被せたりした時に違和感を感じることがあると思います。歯科医によっては「そのうち慣れる」と言われることがあると思いますが、ほとんどの場合、顎がずれるか、歯が動いてしまうことによって慣れることが多いのです。また、寝相の影響を受けやすいので、寝る時は仰向けでお休みになることをお勧めいたします。
今後ともご指導よろしくお願いいたします。

コメントする

コメント

取締役ブログ①.jpg