2007年9月17日 21:27 様々な“ダム”を大切にしよう

アチーブメント株式会社は9月末が年度末決算です。
そして10月1日からいよいよ21期に入ります。

私が今まで関わってきた会社の決算日は、全て年度末、12月末決算でした。
したがって年末に入ってくると身体がカアッと熱くなってきたのを覚えています。
アチーブメントは9月末決算ですので、今がちょうど会計年度の最後です。
すばらしい結果を創りたいという思いでいっぱいです。

アチーブメントは青木社長が創業してから
19年間ずっと無借金経営を続けています。
そして現在、第2創業ということで全社員が一丸となって頑張っています。

経営の方法と言うとまず思い出されるのが、
松下幸之助さんが提唱したダム経営です。
日本の不況の最中、1940年代に松下さんが発表し、
その後多くの経営者に継承されてきました。

ダムとは河川の水をせき止めて蓄えることで
季節や天候に左右されることなく常に一定の水を蓄えられるようにすることです。
経営のあらゆる面に“ダム”を持つことで、外部情勢の変化があっても
常に安定して成長、発展していけるようにすることが、ダム経営の基本的な考え方です。

設備のダム、資金のダム、人員のダム、技術のダム、
企画や製品開発のダム、など色々なダムを持つ。
言い換えれば余裕を持った経営をしていくことが大事だということです。

特に重要なのは、あらゆる経営環境に対応できるように、
税引き前に利益の一部をストックするという資金と利益の貯水です。
資金と利益のダムを持つことで、経営状態が変化しても、
あたかも増水時に蓄えた水を乾季に放流することによって
水不足を妨げるように、その変化に適切に対応することができるのです。

良い会社は、お客様の役に立つことで、コストをできるだけ抑えながら
売上を伸ばすことに全力を傾けます。
さらに、経営のあらゆる面にダムを作るのです。

私は、このダム経営という考え方は、人生のあらゆる場面に必要と考えています。

例えば人間関係のダム。
普段から大切な人たちと良い人間関係を構築しておく。
いざとなったら人間関係こそが自分を救ってくれるのです。

また、能力開発のダム。
普段からあらゆる勉強をしておきましょう。
特に自分自身の仕事に関しては精通し、能力知識をストックしておくこと。

また、健康のダムも必要です。
健康は全て事前予防です。普段から気をつけ、いざ無理をしなければならないときに
無理できるような体勢を整えておくことが必要です。

経済のダムに関しては、普段から貯蓄を心掛けることです。

私も9月末でアチーブメントに入社して丸4年を迎えました。
いよいよ5年目に入ります、
会社としても個人としても様々な“ダム”を作っていこうと思っています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.achievement.co.jp/mt/mt-tb.cgi/621

コメントする

取締役ブログ①.jpg