2007年11月26日 13:45 親として嬉しかったこと

先週の日曜日、息子の通う大学の学園祭に妻と行ってきた。

071126_01.jpg


息子は現在大学2年生。
自宅通だと片道2時間かかったため、
今年5月より大学のすぐ近くにアパートを借りて住んでいる。

息子に会うのは2ヶ月ぶり。
11月30日が彼の誕生日なので、「おめでとう」を直接伝えたかった。

071126_02.jpg


息子からの相談で、大学3年の後期からロシアに留学したいとのこと。
そのために、卒業が遅れること、資金が必要になるということだった。
もっと、生の勉強がしたいと言う。

我が家では、来年1月より娘がアメリカの大学に留学する。
子供たちが、自分の人生を切り開いていきたいと考えるのは
親としては嬉しい想いだ。

「世界に学び、世界で活躍して欲しい」というのが私の気持ちだ。

大学の構内は様々なイベント、模擬店、チアガールによる
出し物などで活気づいていた。

071126_03.jpg


別れる時の息子の言葉。
「来てくれてありがとう。
 お父さん、体に気をつけて。」

久しぶりに会う息子は少し大人になっていた。
嬉しかった。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.achievement.co.jp/mt/mt-tb.cgi/643

コメント(2)

佐藤英郎先生こんにちは!

息子さんとの写真の表情が最高です。
これこそが言っていることと行動が一致している瞬間を見ました。
私もこれから良い家族関係をアチーブとかかわりながら
築いていこうと感じさせられた写真です。
ありがとうございました。

「教育が最大の財産」ですね。
 息子さん、娘さんが羨ましいです。

コメントする

コメント

取締役ブログ①.jpg