『頂点への道』講座
体験説明会
講演会 資料請求

教育から広がる
社会への貢献

事業目的から一貫した社会貢献を

アチーブメントは、1987年の創業以来、「事業目的」すなわち「ミッション」から一貫した活動にこだわって経営をしてきました。その「ミッション」を追い求めた先に、社会への貢献があると考え、私たちに出来る活動を、一つずつ増やして参りました。

私たちのミッション

企業理念
「上質の追求」

わが社は選択理論を基にした、高品質の人材教育を通して、
顧客の成果の創造に貢献し、全社員の物心両面の幸福の追求と、
社会の平和と繁栄に寄与することを目的とします。

組織も、企業も、社会も全ては「人」の集合体であり、「人」が変われば社会が変わる。
「人」が変わるきっかけを創り出すものこそが「教育」である。

そう私たちは信じて、事業活動を続けて参りました。

その教育の主たる事業が『頂点への道』講座であり、「選択理論」と「アチーブメントテクノロジー」を基にしたトレーニングプログラムを、社会人向けに提供しています。

その一方で、「社会の平和と繁栄に寄与する」というミッションから、「教育」という事業の延長線上で更なる貢献ができる、「スポーツ教育」「子ども教育」「学校教育」などの分野にて、数多くの組織の活動支援を行っています。

1. アチーブメント・スカラシップ制度
の設置

世界に羽ばたくアスリートの目標達成を支援

一定の条件と審査を通過した、夢を目指すアスリートが『頂点への道』講座を優待受講できる制度や、チーム向け研修制度を設置。一般的には「スキル」教育が重視される中、目標設定やプロセス管理、思考管理・習慣形成といった「考え方」を中心とした切り口から目標達成を支援してきました。

詳しくはこちら

2. Formula1・全日本F3 選手権
スポンサー活動

ドライバーやチームの目標達成を
教育を通して支援

F1 の名門、チームウィリアムズのスポットスポンサーに始まり、F3 の冠スポンサーを3 年間務めました。F1 への登竜門と言われるF3 に挑む若きドライバーやチームへの、「目標達成の技術」を伝えるサーキットでの勉強会や、練習時間を拡張する資金提供を通して、成長を加速させる支援をしました。

詳しくはこちら

3. 『空ラボ』プロジェクト

子ども向け体験型プログラム『空ラボ』の
企画・運営

レッドブル・エアレース世界王者、室屋義秀氏主催の『空ラボ』に、弊社が15 年間取り組んできた子ども教育のノウハウを生かして企画・運営を支援。教室ではなく飛行場という環境で子どもたちがの可能性を探求するだけでなく、保護者に対しても「選択理論」をベースにした子ども教育をお伝えしました。

詳しくはこちら

4. 花巻東高等学校『立志夢実現』教育

人生の目的から逆算したキャリア教育を支援

「生徒一人ひとりが、社会人人生を見据えた中長期的目標から逆算し、納得感のある高校生活が送る教育をしたい」と弊社に打診をいただき、『頂点への道』講座の目標達成ノウハウを応用して、高校生向けオリジナルプランナーを制作。また、より目的を果たせるよう、教員向け・全校生徒向けに活用ガイダンス研修を企画・提供しました。

詳しくはこちら

5. カンボジアでの教育環境整備

校舎寄贈・現地でのワークショップによる
教育支援

発展途上国で、子どもたちに人間性向上の教育機会と環境を提供する、公益財団法人School Aid Japan の協力のもと、中学校校舎・幼稚園園舎を寄贈。また児童養護施設にて弊社主席トレーナーの佐藤英郎によるオリジナルワークショップを通して、子どもたちの自信と夢を育む支援を行いました。

詳しくはこちら

6. 日本青年会議所 活動支援

理念が浸透した一枚岩の組織づくりを支援

サマーコンファレンス2018 への代表青木の登壇を初め、会員拡大の支援を全国にて展開。弊社が32 年間大切にしてきた理念経営の経験をもとに、組織の一体感を高め、パフォーマンスを向上させる「会員拡大のための営業力強化セミナー」や「経営者向けセミナー」を主催・運営しています。

詳しくはこちら

これらの取り組みは、
結果的にSDGsへの貢献に繋がっています。

SDGsとは、国連で2015年に全会一致で採決された世界共通の目標です。「誰一人取り残さない」という理念を土台に、社会・経済・環境という3つの方面から定めた17のゴール・169のターゲットを、2030年までに全人類でを達成していこうというプロジェクトです。アチーブメントの取り組みは、特に「4.質の高い教育をみんなに」と「8.働きがいも経済成長も」を中心に、事業活動の延長線上にある社会貢献として、結果的にSDGsに貢献しています。