その道を極めるプロフェッショナルになるためには、やるべきことを日々確実にやっていく自己管理能力が必要です。
しかし、一度決めたことを確実にやっていくためには様々な障害が待ち構えます。

「目の前のことに流されてしまって計画がなし崩しになる」
「モチベーションがなかなか保てない」
「いつも時間がなくなって諦めてしまう」

アチーブメントテクノロジーには、目標に向けた行動を確実に遂行するための様々なアイデアが含まれています。

目標達成

目標設定は非常に重要ですが、ただ単に目標を設定すればよいというわけではなく、自分にあった目標を立てることこそが重要です。

目標は高すぎると達成が難しく、逆に低すぎると達成感がなくモチベーションがあがらなくなります。

アスリートやアーティストに多く見られるのは、成果を短期間で求めるあまり、達成できずに自分を責めたり、モチベーションを下げてしまうという傾向です。

アチーブメントでは、アチーブメントゾーン(最適目標勾配)という概念を用い、高いモチベーションの持続と達成感を両立する適切な目標設定方法をお伝えします。

適切に目標設定をしたら、あとは実行に移すのみです。 しかし、私たちに与えられた時間は限られています。目の前のことに流されず、1日24時間を有効に使うための技術がさらに必要です。

それが、プライオリティマネジメント技術です。

プライオリティマネジメント技術

プライオリティマネジメントとは、自分の行動に優先順位付けをしていく技術です。

行動は緊急度と重要度の2つの軸で分類できます。多くの人は、緊急度を元に行動する「L字型行動」をよります。しかし、成果の出る人は、「緊急性は低いが重要なもの」を多く行動に移す、「Z字型行動」を取ります。

第二象限の中に入っている本質的に目標達成にとって役立つ行動を確実に実行していくことで、時間に追われることがなくなり、余裕のある行動を取ることができるため、結果的に成果も出やすくなるのです。

頂点までのストーリーを描く本番に強くなるメンタルを確立