『頂点への道』講座
体験説明会
講演会 資料請求

マネジメント

良好な人間関係と好業績を実現する理想のマネジメントを体得

内発的な動機を引き出す
心理学に基づく育成手法

これからの時代に求められる
理想のマネジメントとは?

これからの時代に求められる
理想のマネジメントとは?

人に叱咤激励といった刺激を与えて強制的にコントロールをするマネジメントは、職場に恐れをつくり出し人の主体性を奪い、短期的に成果は出ても離職やクレームが起こり長期的には職場の生産性を下げる可能性があります。

一方で、パワハラなど問題になることを恐れて、上司が部下に何も言えない「物言わぬ上司」の存在も同様に近年の職場では問題となっています。この人間関係のみを重視するマネジメントでは、上司が部下に対して仕事の質についてのフィードバックや話し合いが行われず、結果的に低いパフォーマンス、業績不振の原因ともなります。

人間関係と好業績どちらか一方ではなく、両方を実現するマネジメントの技術を体得いただけます。

人の行動のメカニズムを体系化した選択理論

人の行動のメカニズムを体系化した選択理論はアメリカの精神科医ウイリアム・グラッサーが提唱した。最先端の心理学です。
従来の心理学では「人間の行動は外部からの刺激に対する反応である」と考えられてきました。
一方で、選択理論では「すべての行動は自らの選択であり、人は自ら内発的に行動を選択する」と考えています。
選択理論を土台としたマネジメントを学ぶことによって、メンバー一人一人の欲求を把握し、部下が自ら内発的に達成に向けて行動できるようなかかわりが体得いただけます。

講座一覧

course


ボース・ウィン・マネジメントシリーズ

ボースウィンマネジメントシリーズは「良好な人間関係と好業績を実現する」ためのマネジメントを体得するための公開講座です。

  • スタンダード

    マネジメントの基礎を学ぶ1日間

  • プラクティス

    部下育成を実践的に学ぶ2日間

  • フォーチーム

    組織づくりを学ぶ3日間

教材一覧

teaching materials